ムロツヨシ、スタッフへのハラスメント報道! お気に入りの“ムロガールズ”からは「扱いに困る」とクレームも?

1

2021年02月16日 15:02  サイゾーウーマン

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サイゾーウーマン

写真ムロツヨシインスタグラムより
ムロツヨシインスタグラムより

 ムロツヨシの「アドリブハラスメント」について、2月16日発売の「週刊女性」(主婦と生活社)が報じている。現場スタッフに対する無茶ぶりに加えて、近頃は「天狗になっている」などと批判的な内容だが、ムロは昨年、バラエティ番組出演時にも、一部視聴者から「ハラスメントではないか」という批判を受けていた。

 記事によると、ムロは撮影現場で若手スタッフに「今から○○くんが、おもしろいことやりま〜す」などと無茶ぶりを繰り出しているという。「ムロ自身も若い頃にこうした要求に応えて結果を出したことで、成長できた」と、一応関係者からのフォローも入っているが……。

「関係者のコメントは、まるで体罰教師を擁護しているかのようで、まったくフォローになってません。それ以外にも、近頃は大作のオファーしか受けなくなっていることや、アドリブハラスメントに関しては、『気乗りしないインタビューを受けた際、ライターにも同じ要求をしていた』ことも明かされるなど、ムロの言動を厳しく批判する内容になっています」(芸能ライター)

 ムロをめぐっては、昨年2月放送の『川柳居酒屋なつみ』(テレビ朝日系)に出演した際の発言が「セクハラでは?」とネット上で物議を醸したことも。

「ムロは番組で撮影時にイラッとすることとして“ハラスメント狩り”を挙げ、若手スタッフに対して『彼氏いるの? 彼女いるの?』と聞くことが、ハラスメント扱いされることについて不服だと話していたんです。この時、最も問題視されていたのは『ムロ本人がハラスメント加害者であることに無自覚なこと』でしょう」(同)

 ムロはブレーク当初、嵐・松本潤や綾野剛らとの華々しい交友関係に加えて、三枚目の親しみやすいキャラクターも世間に受け入れられたのか、メディアでも引っ張りだことなっていた。

「自虐的な“非モテキャラ”も好感度を後押ししていた印象ですが、彼の周囲の女性芸能人からは、少なからず『扱いに困る』という声も出ているんです。女性を周囲にはべらせて酒を飲むことが好きなようで、お気に入りの女性芸能人を集めた“ムロガールズ”ともいえるチームもあるのですが、彼女たちもムロからのアプローチには手を焼いているとか。業界の先輩ではあるし、売れっ子なのは間違いないだけに、無下に断るのも難しいですからね」(芸能プロ関係者)

 こうした報道や業界の声が高まることで、ムロが自身の“アウトな部分”に気付いてくれればいいものだが。

    ニュース設定