広瀬アリス“澪”が大倉忠義“元春”に告白!?「剣崎主任のことが好きです」

0

2021年02月25日 06:01  テレビドガッチ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

テレビドガッチ

関ジャニ∞の大倉忠義と広瀬アリスが共演する木曜劇場『知ってるワイフ』(フジテレビ系、毎週木曜22:00〜)の第8話が、2月25日に放送される。

韓国の有料ケーブルテレビチャンネル・tvNで2018年に放送され、大ヒットを記録した同名ドラマを原作とした本作は、「結婚生活、こんなはずじゃなかった! あの頃に戻って人生をやり直したい!」と日々嘆く恐妻家の主人公・剣崎元春(大倉)が、ある日突然過去にタイムスリップして、妻を入れ替えてしまうところから始まるファンタジー・ラブストーリー。

先週放送された第7話では、沙也佳(瀧本美織)が酔った勢いで裏掲示板に建石澪(広瀬)の誹謗中傷を書き込む。それを知った元春は沙也佳とついに衝突してしまった。インターネット上では様々な意見が噴出。「元春の気持ちはわかるな……自分の親を蔑ろにされてるのに、妻の親のお祝いにはきて! なにがあっても! っていうのは心折れるよね……」「沙也佳てワガママでお嬢様なところあるけど、ああゆう行動をさせてしまったのって元春なんだと思うの」「諸悪の根源は元春なんだよなぁ……ここまで拗れる前に何でちゃんと沙也佳と向き合わなかったんだ。澪の時と全くおんなじ事しちゃってるじゃん」などの声が寄せられていた。

公式ホームページで公開されている第8話の予告編では、澪が「剣崎主任のことが好きです」と元春に告白するシーンが。果たして元春は沙也佳との仲を修復できるのか? それともやり直した人生でも澪を選ぶのか?

<第8話あらすじ>
元春(大倉)が目覚めても、前夜家を出た妻の沙也佳(瀧本)は帰ってきていなかった。沙也佳は自分よりも澪(広瀬)や実母を優先する元春にいら立ち、元春もそんな沙也佳にうんざりしていた。口論の末、沙也佳が家を出たのは元春が放った“自分は女神様の召使い”という言葉が引き金だった。沙也佳は上原邦光(小関裕太)と行動をともにしたが、翌朝はひとりホテルの部屋で迎えていた。

その日、元春の支店では澪と津山(松下洸平)の交際が知れ渡ってしまう。一方、元春が外回りから戻ると、沙也佳から洋服などが詰まったスーツケースが届いていた。仕事を終えた元春は木田(森田甘路)の店へ行き、沙也佳との一連のけんかについて話す。しかし元春の妹のなぎさ(川栄李奈)は、これまでも元春に自分や自分の両親を優先させてきた沙也佳が気にくわないし、そもそも合わないから元春に離婚した方が良いとまで言い出した。津山とそこに同席していた澪は、その話に表情が変わる。その夜、家を追い出された元春は津山の部屋に泊まるが、電話で話しても沙也佳の機嫌は直らなかった。

翌朝、元春は澪に声をかけられる。自分のせいで沙也佳を誤解させているなら説明しに行くという澪だが、元春は澪には関係ないことだからと告げる。

週末、銀行のマラソン大会が開催されるが、元春は前夜に起きた出来事でひどく落ち込んだまま。そこにある事件が起きて……。
    ニュース設定