hitomi、ベビー服ブランドを立ち上げ 4人の子育て経験生かす「ママだけどおしゃれしていいんだよ」

3

2021年02月25日 14:26  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真ベビー服ブランドを立ち上げたhitomi (C)ORICON NewS inc.
ベビー服ブランドを立ち上げたhitomi (C)ORICON NewS inc.
 歌手のhitomi(45)が25日、都内で行われた自身プロデュースのベビー服ブランド『LOVE LIFE LOVE BABY』発売記念メディア向け取材会に登壇。昨年7月に出産し、現在4人の子どもをもつ母親であるhitomiがこのほどベビーとママ用のファッションブランドを立ち上げ、ママたちのおしゃれを応援した。

【写真】プロデュースしたベビー服を紹介するhitomi

 hitomiは「『あのお洋服どこの?』と聞かれるものを目指して作っていくつもりですし“ママだけどおしゃれしていいんだよ”というメッセージも込めて、頑張りすぎないでいい、と、世の中のママたちがリラックスできるように」と商品に込めた思いを明かした。

 同ブランドでは『愛ある日々を。愛あるベビーと。親子で一緒にいる時間を大切に、豊かなものにしたい。優しい素材、優しい彩りで、陽だまりのように。』というコンセプトのもと、0歳から3歳までの子ども服やおもちゃ、産前・後の機能性にも優れたママ用の服も発売する。

 hitomiは「第1子の娘のときは着心地や赤ちゃんの首周りの間口とか繊細になった。赤ちゃんが痛くないように着せたいという気持ちが強すぎて神経質になったので自分のブランドをやらせていただく上で赤ちゃんの負担がないようにしていきたい」と自らの経験をもとに素材や環境に配慮したオーガニックのものを中心に使用。

 「伸びとか柔らかさはこだわりたかった。実際にベビーが家にいるのでわかりやすい。赤ちゃんは肌が大人よりもすごく繊細。『肌がモチモチだね』って時もあれば、赤く(肌が)荒れたり、瞬時に変わってくる、刺激を受けやすくなるべく痛さやキツさがないように、洗濯を何度もしても、何回も洗っても廃れないようなもので作れたらいいな、と。笑顔が生まれる色やデザインに気をつけました」とこだわりを明かした。

 この日はプロデュースしたママ用の服を着用して登場。「私は今授乳中なので、前開きでゆとりがあるとか、赤ちゃんに触れても痛くない素材にこだわっています。妊婦服というより、妊婦じゃないときも着れるものが欲しかった」といい、「(産後は)お腹周りにお肉がつくのも自然なことなので、胸も授乳中はふくらんだりするので、あまり強調されすぎない。いい意味で女性らしさが残るようにこだわりました」と自ら商品を手にとって紹介した。

 コロナ禍での妊娠・出産も経験し「ママと赤ちゃんがおうちで二人だけになっちゃう時があると思うんですけど、ママがいかにリラックスして過ごしているかが赤ちゃんにも伝わる。第1子では不安になったりもするし、私のブランドを着ていただくことで心が安らいだりハッピーな気持ちになってくれたらいいな。リンクコーデは現時点ではないんですけど、赤ちゃんとリンクしたお洋服もつくって赤ちゃんとの日常を楽しむ手助けになるようなお洋服を提案していきたいです」と明るく展望していた。

このニュースに関するつぶやき

  • この人がプロデュース?まぁ、プロのアシストがあるんでしょうけど、ファッションセンスある印象ないなぁ。着てるの寝巻きみたいやん?(*_*;
    • イイネ!6
    • コメント 1件
  • この人がプロデュース?まぁ、プロのアシストがあるんでしょうけど、ファッションセンスある印象ないなぁ。着てるの寝巻きみたいやん?(*_*;
    • イイネ!6
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(2件)

ニュース設定