白銀の世界でWRC第2戦アークティックが開幕。勝田貴元がシェイクダウンで3番手

1

2021年02月26日 21:01  AUTOSPORT web

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真シェイクダウン最速タイムをマークしたオット・タナク(ヒュンダイi20クーペWRC)
シェイクダウン最速タイムをマークしたオット・タナク(ヒュンダイi20クーペWRC)
2月26日、フィンランド北部の北極圏に掛かるエリアで開催されるWRC世界ラリー選手権第2戦アークティックが、同日朝のシェイクダウンで幕を開けた。デイ1の競技を前に行われたこのセッションではオット・タナク(ヒュンダイi20クーペWRC)がベストタイムをマークしている。

 フィンランド北部のロバニエミを拠点に、26日(金)から3日間に渡って争われるアークティック・ラリー・フィンランドは、雪と氷に覆われたシーズン唯一のフルスノーラリーだ。
 
 全日程おいてスパイクが埋め込まれた、ピレリ製のスタッドタイヤが使用される今大会は、新型コロナウイルスの影響で中止となったラリー・スウェーデンの代替戦として行われる。
 
 その初日、デイ1の競技を前に、選手たちはロバニエミ近郊のヴェニバーラで実施されたシェイクダウンに臨み、全長5.69kmのコースでマシンの動きやセッティングの確認を行っていく。氷点下2度、薄い霧がかかり視界がやや遮られるなか始まったセッションで、まず存在感を見せたのは今戦の優勝候補のひとりであるカッレ・ロバンペラ(トヨタ・ヤリスWRC)だった。
 
 20歳のフィンランド人が記録したタイムは2分40秒5。これをクレイグ・ブリーン(ヒュンダイi20クーペWRC)が2度目の走行で破ると、チームメイトのタナクとティエリー・ヌービル(ヒュンダイi20クーペWRC)が3回目のアタックで大幅に更新。タナクは2分35秒4までタイムを縮めてみせる。

 同じく3度目の走行ではトヨタ育成の勝田貴元(トヨタ・ヤリスWRC)が2分39秒8をマークして3番手に。最終的にはピエール-ルイ・ルーベ(ヒュンダイi20クーペWRC)が勝田と同タイムで4番手、僅差でブリーンが続くトップ5となっている。
 
 トヨタワークス勢は6番手となったロバンペラが最上位。前戦ウイナーのセバスチャン・オジエ(トヨタ・ヤリスWRC)は、今戦がWRC最高峰クラスのデビュー戦となるオリバー・ソルベルグ(ヒュンダイi20クーペWRC)、Mスポーツのガス・グリーンスミス(フォード・フィエスタWRC)に次ぐ9番手。エルフィン・エバンス(トヨタ・ヤリスWRC)は3回目の走行でスピンもあり12番手に留まった。

 なお、2番手タイムを記録したヌービルも、2度目の走行でスタックを喫し約20分を失った。しかし、ヒュンダイi20クーペWRCにダメージはないという。
 
 WRC第2戦アークティックのデイ1はこのあと15時過ぎ(日本時間22時過ぎ)から今大会最長、全長31.05kmのSS1が行われ、日没後の18時38分(日本時間25時38分)からSS1の再走ステージとなるSS2が行われる予定だ。

■2021年WRC第2戦アークティック シェイクダウン結果
Pos.No.DriverMachineTime18O.タナクヒュンダイi20クーペWRC2'35.4211T.ヌービルヒュンダイi20クーペWRC2'36.1318勝田貴元トヨタ・ヤリスWRC2'39.847P-L.ルーベヒュンダイi20クーペWRC2'39.8542C.ブリーンヒュンダイi20クーペWRC2'39.962O.ソルベルグヒュンダイi20クーペWRC2'40.0769K.ロバンペラトヨタ・ヤリスWRC2'40.5844G.グリーンスミスフォード・フィエスタWRC2'41.291S.オジエトヨタ・ヤリスWRC2'41.3103T.スニネンフォード・フィエスタWRC2'42.71120A.ミケルセン(WRC2)シュコダ・ファビア・ラリー2エボ2'45.01233E.エバンストヨタ・ヤリスWRC2'45.11312J.トゥオヒノフォード・フィエスタWRC2'46.4

    ランキングスポーツ

    ニュース設定