高岡早紀主演「リカ〜リバース〜」主題歌&挿入歌はFAKY

0

2021年02月28日 10:02  cinemacafe.net

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

cinemacafe.net

写真FAKY
FAKY
高岡早紀主演新ドラマ「リカ〜リバース〜」の主題歌と挿入歌をガールズ・ユニオン「FAKY」が担当することが決定した。

オトナの土ドラ枠で放送される本作は、2019年にドラマ化された五十嵐貴久のサイコスリラー小説「リカ」シリーズのうち、主人公・雨宮リカの少女時代を描く「リバース」の映像化。純愛モンスター・リカを演じた高岡さんが、今作ではその母親を演じる。


そんな本作の主題歌が「FAKY」の書き下ろし楽曲「99」に決定。また挿入歌はメンバーのLil’ Fangによるカバー曲「人形の家」が起用される。

多国籍なメンバー構成の「FAKY」は、デジタルシングルを立て続けにリリースし、各サブスクリプションサービスのチャートを賑わし国内外から人気を集めている。彼女たちがドラマの主題歌に楽曲を書き下ろしたのは約2年ぶり、主題歌・挿入歌双方が起用されるのは今回が初となる。

主題歌「99」は、100%の幸せを求める純愛モンスター、リカの愛への渇望を表現したものとなっており、作詞および挿入歌をつとめたLil’ Fangさんは「『リカ〜リバース〜』からは誰しもが持っている純粋さ、嫉妬心、独占欲、愛情が入り混じった激情を感じたので、あえて全てを肯定するような歌詞に仕上げました」と言い、「タイトルではどうしても満たされない、何かが足りないけれどそれが何かはわからないもどかしさや切なさを、数字で表しています」と語っている。

なお、配信シングル「99」は3月17日(水)、「人形の家」は3月24日(水)にリリース予定。

「リカ〜リバース〜」は3月20日より毎週土曜日23時40分〜東海テレビ・フジテレビ系にて放送(全3話予定)。

(cinemacafe.net)
    ニュース設定