HiHi Jets・井上瑞稀、37歳の新人鑑識官役で『監察医 朝顔』レギュラー出演

0

2021年02月28日 12:02  テレビドガッチ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

テレビドガッチ

井上瑞稀(HiHi Jets/ジャニーズJr.)が、3月1日に放送される『監察医 朝顔』(フジテレビ系、毎週月曜21:00〜)の第16話よりレギュラー出演する。井上が演じるのは、神奈川県警察の新人鑑識官の姫宮龍司。井上自身は20歳だが、奇跡の童顔で役柄の年齢はまさかの37歳という、強烈に個性的な役どころとなる。

本作は2019年夏クールに放送された同名作の続編で、上野樹里演じる主人公で法医学者の万木朝顔が、さまざまな遺体の“生きた証”を探す異色のヒューマンドラマ。上野演じる心優しい新米法医学者・朝顔と、法医学室のメンバーらが様々な遺体の謎を解き明かしていく。

なんと姫宮は桑原真也(風間俊介)と同期で、童顔で有名な桑原に輪をかけて童顔という異例の役柄。最初は桑原と同じ警察官で、交番勤務で経験を積んでいた姫宮であったが、その後、刑事を選んだ桑原とは違い、鑑識として歩むことを選び、その道を極めている。これまで別の警察署で鑑識として勤務していたが、野毛山署が人手不足のため配属されることになり、朝顔たちや野毛山署強行犯係の刑事たちとともに事件や事故に向き合っていく。

井上は「僕がドラマに入る回からは、クライマックスに向けて、さらに明らかになっていくことがたくさんあります。僕も鑑識チームの一員として、個性豊かにドラマを盛り上げていけたらなと思います。また僕個人的には、杉本哲太さんが演じる丸屋さんというキャラクターが大好きで、丸屋さんは色んな人に絡んでくるのですが、当然、僕が演じる姫宮も絡まれます。そこを姫宮らしくサラッと受け流したり、スカッと言い放ったりするシーンがあるのですが、僕も演じていてとても気持ちが良くて(笑)、そういったところも見ていただければうれしいです」とコメントを寄せた。

なお、先週放送された第15話では、朝顔のもとに猿渡正夫という65歳の男性の遺体が運ばれてきた。猿渡は、妻の佳織(美保純)、ひとり娘の優香(菅野莉央)と3人で暮らしていたが、突然姿を消し、家族から捜索願が出されていた。猿渡の遺体には首をつった痕跡があり、現地での解剖の結果、自殺と断定されていたが、佳織たちは、若林(大谷亮平)らにエンバーミングのやり直しを依頼した際に、再解剖を希望したという。朝顔たちは依頼を受け、改めて猿渡の解剖を行うが……。

<第16話あらすじ>
朝顔(上野)は、入院中だった祖父・浩之(柄本明)の容体が悪化したとの連絡を受け、岩手の病院へと駆けつける。朝顔は、浩之が目を覚ましたら、母のものである可能性があった歯の検査結果を伝えようと考えていた。だが浩之は目を覚まさず、裁判を控えていた朝顔は神奈川へ戻るしかなかった。

一方、神奈川県警に復帰した桑原(風間)は、意外な男と再会する。それは、以前マンホールを盗んで捕まった今野(上島竜兵)だった。とんでもないものを見た、といってポケットからチラシを取り出す今野。それは、10年ほど前に発生し、いまだ未解決だった三田村一家殺人事件の情報提供を呼びかけるチラシだった。

この事件は、30代の三田村夫婦と、7歳の長男が自宅で何者かに殺害されたもので、すべての遺体の右頬が十字を描くように傷つけられていた。目撃情報などから、知人の市川という男が逮捕されたが、証拠不十分で不起訴になっていた。今野は、事件現場となった三田村家の近くで、チラシに描かれていた犯人の似顔絵とよく似た男を見たというのだ。

そんな中、思わぬ事件が起きる。いまも事件当時のまま保存されていた三田村家で、男性の遺体が見つかったのだ。そして、50代前後と思われるその男性も、同じような手口で殺害され、右頬には十字型の傷がつけられていた。遺体は、解剖のため興雲大学法医学教室に運ばれ……。
    ニュース設定