板垣李光人、“ジェンダーレス男子”役に挑戦 吉川愛とドラマ初主演「真摯に愛をもって、楽しく作品と向き合っていけたら」

0

2021年03月02日 05:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真プラチナイト モクドラF『カラフラブル〜ジェンダーレス男子に愛されています。〜』にW主演する吉川愛、板垣李光人 (C)YTV
プラチナイト モクドラF『カラフラブル〜ジェンダーレス男子に愛されています。〜』にW主演する吉川愛、板垣李光人 (C)YTV
 女優の吉川愛と板垣李光人が、4月1日放送スタートの読売テレビ・日本テレビ系『プラチナイト モクドラF』枠『カラフラブル〜ジェンダーレス男子に愛されています。〜』(毎週木曜 後11:59※全10話)に主演することが2日、わかった。吉川演じる美しいものが大好きだけど、仕事に夢中になるあまり自分自身のおしゃれは二の次になっている漫画誌の編集者・町田和子(わこ)、板垣演じるメイクも完璧なファッションショップ店員・相馬周(めぐる)の、“かわいすぎる2人”によるフレッシュなラブストーリーを描く。

【別カット】板垣李光人が“ジェンダーレス男子”に変身

 漫画雑誌『FEEL YOUNG』(祥伝社刊)で連載中の、ためこう氏によるコミック『ジェンダーレス男子に愛されています。』を実写化。仕事熱心だが自分自身には手を抜きがちな等身大の女性と、メイクとファッションを自由に楽しむ男性。お互いがいることで成長し、自分自身や取り巻く世界がカラフルになっていく。

 脚本は坪田文氏、監督は熊坂出氏と、2020年夏に放送され好評を博した同枠(今作より『木曜ドラマF』から改名)連ドラ『おじさんはカワイイものがお好き。』を手掛けたスタッフが再集結。ためこう氏は「美しい男の子を眺めるのが好きで描き始めた連載ですが、まさか実写で拝見できる日が来るなんて…! ビジュアルでもストーリーでも、キラキラしたものを見られる事を楽しみにしています」と期待を寄せる。
 
 懸命に働く一方、周の愛情を受け止めて自由に生きる楽しさを知っていくという、和子の明るく親しみやすい魅力を体現する吉川と、大好きな和子に一途な愛を捧げ、美しいだけでなく時に強い一面ものぞかせる周として新たな一面を引き出す板垣。それぞれの多彩な表情に注目だ。

 初主演について吉川は「すごく光栄でうれしかったです。至らないところは多々あると思いますが楽しく撮影できればいいなと思います!」と意気込み。板垣は「うれしさと不安とを感じています。ですがいつも通り、真摯に愛をもって、楽しく作品と向き合っていけたらと思います」と前向きに語る。

 またお互いの印象に、吉川は「初めてお会いした時に髪型、服装や、爪の先まできれいで、こんなきれいな男性がいらっしゃるんだとびっくりしました。まだきちんとお話ししたことがないのですがコスメ好きとおうかがいしたので撮影現場でもコスメのお話などできたらと思います!」と興味津々。板垣は「吉川さん自身もオタクだということで、わこちゃんのそういう部分の表現にすごくリアリティを感じました。僕もオタクなので、推しを前にした時のお芝居をみて『わかる…』と心の中で激しく頷いていました…」と演技に共感したことを明かした。

 今作の見どころについて、吉川は「人には思い込みや偏見で、傷付いたり思い悩んだりすることがあると思います。そんな時にこの作品を観ていただきたいです。この作品を観ればいろいろな考え方を持てたり、前向きな気持ちになれると思うので、一人でも多くの方に観てほしいです!」と呼びかける。一方、板垣は「原作のもつ、キラキラとした尊い空間を吉川さんはじめとした素敵なキャストの皆さんとつくっていけたらと思います。ぜひ、木曜の夜にカラフルでラブに溢れた世界をお楽しみください!」とオススメしている。
    ニュース設定