襲撃に遭ったレディー・ガガの愛犬散歩係が「真のヒーロー」と称賛浴びる 生々しい表現で事件の詳細を明かす

47

2021年03月02日 12:43  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真ガガと愛犬(画像はレディー・ガガ公式Instagramから)
ガガと愛犬(画像はレディー・ガガ公式Instagramから)

 強盗の襲撃被害に遭った、歌手レディー・ガガの愛犬散歩係の男性が3月2日、Instagramで声明を発表。病院のベッドに横たわる痛々しい写真を公開し、さらわれた犬が無事に戻ってきたことへの感謝をつづっています。



【画像】病院のベッドに横たわるガガの愛犬散歩係



 男性の名前はライアン・フィッシャー。現地時間2月24日にガガの愛犬3匹を散歩させていたところを襲われ、重傷を負いました。犯人はコージとグスタフと名付けられた犬2匹を強奪し現場から逃走。襲撃当時についてフィッシャーは「撃たれた傷から血が滴り落ち、犬も血まみれになっていた」と生々しい表現で振り返っており、死を覚悟しながらもなんとか守り通すべくもう1匹のアジアを抱きしめていたとしています。このとき「兄弟(盗まれた2匹)を守れなくてごめん」と謝る一方で、過去の楽しかった思い出が脳裏を走馬灯のようによぎったと明かしました。



 事件は米国内だけでなく世界中で大きく報道。仕事のため滞在するイタリアからガガ自身もSNSを通じ、50万ドル(約5300万円)の報奨金を提示して情報提供や愛犬の返還を求めていたこともあり、26日に2匹は無事保護されました。現在の健康状態はまだ予断を許さない状況としながらも、フィッシャーはメディアを通じて注目されたことで早期解決につながったと、また自身のもとへ寄せられた温かい言葉も励みになったと感謝を伝えています。



 「ライアン・フィッシャー、愛しています。あなたは私の家族のため自分の命を危険にさらしました。永遠のヒーローです」と感謝を表明していたガガ。フィッシャーは事件後のガガがとても献身的に自身や家族を支えてくれたと強調。愛犬を奪われるという壮絶な状況にありながらも「友人として」ガガが示してくれたサポートに感謝し、揺るぎないものだったとつづっています。



 ガガへ向け「家族が元通りとなってよかった」と安堵(あんど)を伝えるとともに、回復までにはまだ多くの時間がかかるとしながら「キスとベロと、もしかしたらうれションの爆撃にあう日が今から楽しみだよ」と犬たちとの再会を待ちきれない気持ちを明かしました。



 フィッシャーの元へは早期回復を祈るコメントや無事を喜ぶ声に加え、極限状態にありながら犬を守ろうとした姿勢を「真のヒーロー」とたたえ、生々しい写真や事件当時の心境に「泣けてきてしまった」と感極まるファンも見られました。


このニュースに関するつぶやき

  • 襲撃のガガ、の進撃の巨人み。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 撃たれて相当痛いはずなのに、一匹守り抜いたってのがすごいね! 犬もとりあえず戻ってきたし、早く元気になって犬たちと再開できますように。
    • イイネ!41
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(32件)

ニュース設定