松岡茉優、ジェーン・スー原作ドラマに出演 吉田羊演じる主人公の20代役に「身の引き締まる思い」

1

2021年03月05日 09:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真松岡茉優が『生きるとか死ぬとか父親とか』出演 吉田羊演じる主人公の20代役に(C)テレビ東京
松岡茉優が『生きるとか死ぬとか父親とか』出演 吉田羊演じる主人公の20代役に(C)テレビ東京
 女優の松岡茉優が、テレビ東京「ドラマ24」の『生きるとか死ぬとか父親とか』(4月9日スタート、毎週金曜 深0:12〜0:52※テレビ大阪のみ翌週月曜 深0:12〜0:52)に出演することが決定した。主人公・蒲原トキコ(吉田羊)の20代を演じる。

【動画】松岡茉優の“発言”に嘆く大泉洋

 愛嬌はあるが自由奔放な父と、それに振り回される中年の娘のおもしろおかしくて、ときどき切ない家族の愛憎物語。ジェーン・スー自身をモデルにした主人公を吉田、70代の父親を國村隼が演じる。今のトキコと父の関係を形作る過去の家族の物語、そして松岡演じる20代のトキコにも注目が集まる。

 今回の出演にあたって、松岡がコメントを寄せた。

■松岡茉優
台本を読ませていただき、「普通の家族なんてないですよ。」というせりふにとても惹かれました。私のせりふではないのですが物語のテーマと捉えました。また、今回吉田羊さんの20代を演じさせていただけること、身の引き締まる思いです。羊さんの演じられた現代のトキコを拝見することで、イメージがふくらみました。そして、國村隼さんと親子役をできることが私の人生にあるのだなあと思いました。とても豊かな時間で、たくさんのことを教えていただきました。トキコと似た想いを持って過ごされてる方々に、幅広く届くことを願っています。きっと、自分のことを許せたり、少しだけ大事にできるようになると思うのです。私は回想シーンのみの出演なので、ドラマの完成がとても楽しみです。

このニュースに関するつぶやき

  • 吉田羊役かと思ったら
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定