NHK近江友里恵アナ『あさイチ』を笑顔で卒業 4月からは街作りの仕事に

2

2021年03月05日 09:54  ORICON NEWS

  • 限定公開( 2 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真近江友里恵アナウンサー (C)ORICON NewS inc.
近江友里恵アナウンサー (C)ORICON NewS inc.
 3月末でNHKを退局することを公表している近江友里恵アナウンサーが5日、担当している番組『あさイチ』(月〜金 前8:15)に最後の生出演をした。4月からは街作りの仕事を行うことを報告し、笑顔で番組を卒業した。

【写真】博多華丸大吉との3ショット&大量のFAXを持ち笑顔を見せた近江友里恵アナ

 近江アナに関する1000通以上のFAXが番組には届いたことが博多大吉の口から告げられるなど、視聴者からも愛された。最後に近江アナは「3年間、『あさイチ』を担当させていただきました。見てくださって、ありがとうございました」と感謝した。

 「4月からなんですけど、街作りの仕事に関わることになりました」と報告。「これまで、もともと建物を見るのも好きだったんですけど、『ブラタモリ』で全国各地を歩かせていただいた経験や災害報道の現場で防災や減災とかを学ばせていただいたことを役立てられると思う。なにより『あさイチ』でたくさんの生活の知恵を学ばせていただいた。そういうものを生かしていい街を作って、みなさんに恩返ししたい」とNHKでの経験をフル活用することを約束した。

 ともに出演してきた博多華丸・大吉には「本当のお兄ちゃんができたような感じで、お世話になりました。支えていただいて、とても感謝しています」と告げる。ただ「さみしいと思わないようにしようと思って。また、どこかで会えるだろうなと勝手に思っています」とほほえむ。そして、この日のゲストもムロツヨシにコントキャラ「サスペンダー王子」のむちゃぶりをすると、近江アナは「ありがとうございます!」と笑顔で番組を卒業していた。

 近江アナは、2018年4月から博多華丸・大吉とともに同番組を担当。後任は鈴木奈穂子アナウンサーに決まっているが、就任は新年度から。番組表には、来週以降は華丸・大吉の2人の名前のみが記載されている。

 2月12日の放送では、NHKの退局を生報告。「4月以降は、私の中でぜひ挑戦したいこと、新しく勉強したいことがありまして、アナウンサー以外の仕事に挑戦する予定です」と明かした。続けて「家庭に入るんでしょとか、フリーアナウンサーになるんでしょとかいろいろ言われますが、そういうことはありません。憶測で語らないでいただけけたらなと」と呼びかけていた。
    ニュース設定