Kōki,、ヴァレンティノCM炎上をスルー……木村拓哉と工藤静香の娘に必要なのは「自分の言葉」で語ること?

1

2021年04月02日 00:02  サイゾーウーマン

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サイゾーウーマン

写真Kōki,インスタグラムより
Kōki,インスタグラムより

羨望、嫉妬、嫌悪、共感、慈愛――私たちの心のどこかを刺激する人気芸能人たち。ライター・仁科友里が、そんな有名人の発言にくすぐられる“女心の深層”を暴きます。

<今回の有名人>
「お庭の桜がもう散り始めました」Kōki,
(インスタグラム、3月31日)

 芸能界は今、変わり目を迎えているのではないか。

 「寄らば大樹の陰」という諺のように、かつては「大きな事務所に所属している芸能人は安泰」という雰囲気があった。現在の基準でいえば「コンプライアンス違反」的な行動を取っても、業界に影響力のある事務所に所属していれば、お咎めなしのなあなあで終わってしまうこともあったように思う。スキャンダルを追いかけるはずの週刊誌もなぜか沈黙したり、報じるにしても、ごく表面をなぞるだけということもあった。

 しかし、今の時代、そう簡単にいかないだろう。コンプライアンスが強化され、テレビ局は問題を起こした芸能人を敬遠するようになっている。

 一般人とて油断はならない存在になった。ほとんどの人がスマホを持っているから、芸能人の“秘密”に遭遇した場合、録音や録画して証拠を確保することが可能だ。ひと昔前は、一般人が週刊誌にタレこんでも無視される可能性もあったが、今はSNSがあるので、シロウトでも情報をバズらせることができる。

 それに、かつて何かしでかした芸能人に突撃するのは、芸能マスコミという限られた職種の人の仕事だったし、一般の視聴者が芸能人に意見を言う場合は、テレビ局への電話や投書という手間ひまをかけなければならなかった。しかし、SNSがある今、一般人は芸能人に匿名で、直接“文句”をつけることが簡単にできてしまう。

 こうした状況を見るに、昔は有名になればなるほど、ある程度の無茶をしても許されるという特権があったかもしれないが、今は有名人だからこそ、ささいなスキャンダルが許されない時代を迎えたといえるのではないだろうか。

 こんな時代の芸能人は、トラブルに巻き込まれないように行動するのはもちろんのこと、もし何かあったときに、自分の言葉で説明できる能力が求められると思う。

◎Kōki,は、ヴァレンティノCM炎上に触れたほうがよかった

 木村拓哉と工藤静香の娘で、モデルのKōki,が、出演したヴァレンティノOのイメージ動画をめぐって批判にさらされている。着物の帯を思わせるような布の上をKōki,が歩いていたことから、「帯を踏むとは日本文化への冒涜」という批判の声が上がった。ヴァレンティノは「あれは着物の帯ではない」と説明して、動画を削除したが、批判の声はやんでいない。

 Kōki,が歩いた布が和柄なのであって、「帯」を踏みつけたと私は感じなかったが、Kōki,に対して、その演出を拒否すべきだったのではないかという声が上がっている。炎上したニュースで、“悪者探し”が延々と行われるのはよくあること。そのとばっちりを食らってしまったのであって、私はKōki,に責任があるとは思わない。

 Kōki,はモデルであって、演出に関しての責任者は別だろう。演出を含めて動画の全ての出来をこれでよいと判断した監督、さらにこれを世界に公開したヴァレンティノに責任があり、Kōki,を責めるのはお門違いだと思う。

 そんな中、巻き込まれてしまったKōki,は「お庭の桜がもう散り始めました」と、インスタグラムにこの件と関係ないピースフルな画像をアップしている。Kōki,の母・静香も、週刊誌などの報道にいちいちコメントするほうではなかったから、その方針を真似ているのかもしれない。しかし、週刊誌は1週間で店頭から消えるが、ネットは同じ話題を引っ張ることが可能である。Kōki,も、自分の言葉で、言える範囲でこの件に触れてもよかったのではないか。

 ヘタなことを言うと、かえって炎上すると言う人もいるだろう。しかし、Kōki,に今一番足りないのは、自身の発言による「炎上力」であるように思えてならない。木村と静香を親に持ち、知名度と美貌に恵まれ、世界的スーパーブランドのアンバサダーを務めるKōki,。ひと昔前なら、こういう「日本のセレブ」的な芸能人はもてはやされたと思うが、今はそういう恵まれた完璧な人よりも、キャラが立っていたり、どこか抜けていたり……ともすると、炎上しかねない人のほうが好まれるのではないか。

 正論でも暴論でも、すっとぼけたことでもいい。Kōki,が自分の言葉で語ることで、彼女を身近に感じる人も増えて、注目度は増すように思う。Kōki,の姉・Cocomiは、ホワイトデーに配る「虫クッキー」をインスタグラムに公開して話題になった。セレブの娘がグロいクッキーを作って配るという「あえて変なことをする」キャラは斬新といえるだろう。固定ファンがつきやすいのは、Kōki,よりCocomiではないか。恵まれすぎているからこそ、「あえて、自分を汚す」演出が、この家の娘たちには必要に思える。

◎Kōki,は、自分の売り方を自分で探す時期

 Kōki,はインターナショナルスクール出身で、英語が堪能だそうだ。日本の芸能界から世界デビューを見据えての静香の教育方針だったのかもしれないが、モデルとして世界でやっていこうとするのなら、アジア人はどうしても体格面でハンディがある。そんな中Kōki,は、中国でも活動を始め、ファッション誌や大手企業の広告に起用されているそうだ。人口が多いアジア圏に売って出るのは名案だろう。しかし、中国でも大人気の「木村拓哉」の娘ではなく、Kōki,個人として今後も仕事を取っていこうとするのなら、したたかな中国人に渡り合える発言力は必要不可欠だ。

 Kōki,はかつて「BVLGARI AVRORA AWARDS 2018」にブルガリ・アンバサダーとして登場し、「どんな女性になりたいか」という質問に対し、「母のような女性になりたい。いつも私のことを考えていてくれて、ものすごく大好き」と答えている。静香が最強の味方であることは疑う余地はないが、静香の従来のやり方が、いつまでも通用するわけでないのも事実。18歳を迎えたKōki,は家族と仲良くしつつ、自分の売り方を自分で探す時期に来ているのかもしれない。

このニュースに関するつぶやき

  • 親が親なら子も子だよね。14光のプレッシャーも何も感じずに、小室圭と同じように上昇志向の高いファミリーだよね。 https://mixi.at/a6uTqxX
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定