『王様のブランチ』新レギュラーは、桜井和寿の息子・Kaito! 「ドラマーじゃないの?」「ゴリ押し疑う」

1

2021年04月03日 13:02  サイゾーウーマン

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サイゾーウーマン

写真Kaitoインスタグラムより
Kaitoインスタグラムより

 Mr.Children・桜井和寿の息子で、ドラマーのKaitoが、『王様のブランチ』(TBS系)の新レギュラーに抜てきされ、4月3日放送回から登場する。

 Kaitoは恋愛リアリティーショー『オオカミくんには騙されない』(AbemaTV) 登場で話題を集めると、その後、NHK朝の連続テレビ小説『エール』や『逃げるは恥だが役に立つ ガンバレ人類!新春スペシャル!!』(TBS系)に出演。さらにこの春から『ブランチ』のレギュラーに加え、「ニベア エンジェルスキン ボディウォッシュ」のCMにも起用されるなど、この短期間で大躍進を遂げている。

 SNS上では以前から、「桜井の息子がイケメン」として、話題になることもあったKaito。大物二世だけに世間の関心度は高く、露出が増えるたびに「可愛いくて驚いた」「桜井さんに似てる」「King&Princeの永瀬廉にそっくり」など、ネット上が盛り上がるようになったという。

「近年では、木村拓哉と工藤静香の娘・CocomiとKōki,、元プロ野球選手、桑田真澄の息子・Matt、石橋凌と原田美枝子の娘・石橋静河、薬丸裕英と石川秀美の娘・薬丸玲美、蓮舫参議院議員の長男・村田琳などが脚光を浴びている二世有名人といえますが、Kaitoも負けず劣らずの注目度。メディア側は、手っ取り早く話題を集められるため、積極的に彼らを使いたがる傾向にあり、Kaitoの躍進も当然でしょう」(芸能ライター)

 しかし、一方で、恵まれた二世ならではの苦労もあるという。

「役者としての実力が計りかねる段階で、Kaitoの『エール』出演がいきなり決定した時は、さすがにマスコミ関係者の間でも驚かれました。それでも同作での役どころは、シンガーソングライター・宮沢和史の息子・宮沢氷魚率いるバンドのドラマーでしたから、まだ起用は納得できた。ただ続けて『逃げ恥』『ブランチ』起用となると、さすがに一部ネット上で『親の七光り』『ゴリ押しを疑うレベル』『こんな売り方しても、絶対に本人のためにならない』など苦言がちらほら見られるように。特にKaitoは、ロックバンドのドラマーという触れ込みだったにもかかわらず、俳優業、そして今回の『ブランチ』でタレント業と、手当たり次第チャレンジしている状況。見る人によっては、『ドラマーじゃないの?』『何がしたいのかわからない』と思われるかもしれません」(同)

 宇多田ヒカル、松たか子、杏、ONE OK ROCKのTaka、安藤サクラ、香川照之、松田龍平、松田翔太など、すでに「二世」とはいわれないほど、芸能界で実績を積んだ人たちは、「基本的に、音楽であったり芝居であったり、何か一つの道を極めている」(同)だけに、Kaitoの戦略は先行きが不安な面もある。

 まずは『ブランチ』でKaitoがどのような活躍を見せるのか、期待したいが……。

    ニュース設定