まるで香水みたい…カナダ発のステーショナリーブランド「Ferris Wheel Press」の予約販売がスタート

0

2021年04月03日 20:01  isuta

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

isuta

写真写真

銀座 蔦屋書店にて、ステーショナリーブランド「Ferris Wheel Press(フェリス ホイール プレス)」のアイテムの予約販売がスタート。

春限定アイテムなど、店頭・オンラインストアにて4月18日(日)まで受付中です。

他にはない、飾りたくなるステーショナリー

「Ferris Wheel Press」は、カナダ発のステーショナリーブランド。オブジェのように美しいルックスのステーショナリーは、ステーショナリーに日常であまり触れることのない方でも、思わず目を奪われてしまいますよね。

2021春限定インクは「春のカナダの風景」がテーマ

2021年春限定のインクコレクション「Morningside Collection(38mL 税込2,145円/85mL 4,290円/ミニインクセット 税込1,870円 )」3色は、“春のカナダの風景”をテーマにつくられたそう。

また、「Ferris Wheel Press」のインクは見た目が美しいだけでなく、それぞれに世界観があることが魅力なんです。

上品な印象の紫のカラー「Madam Mulberry(マルベリーマダム)」は、春に実をつける桑の実がモチーフ。BOXにも桑の実が描かれています。

「April Shower」は、ラメ入りの深みのある灰色で、“春先のにわか雨”を表しているそう。

春のカナダで見るミントの色を魅せた「Morningside Mint」は、瑞々しいグリーンカラーが素敵。部屋に飾っておきたくなってしまいますね。

アートのような万年筆

この春日本初上陸の万年筆「Brush Fountain Pen(税込1万7600円)」は、まるでアートのよう。カラー×ゴールドの組み合わせに、刻印と中央の六角形のデザインが煌びやかです。

ブランド初のボールペンもシンプルで魅力的

ブランド初となるボールペン「The SCRIBE(税込7,700円)」は、シンプルで持ちやすい四角形デザイン。筆記だけでなくスケッチにもおすすめだそうですよ。

2020年限定インクの再販売など、他商品も魅力的です。

日本でこちらのブランドの取り扱いがあるのは「銀座 蔦書店」のみ。プレゼントにも喜ばれそうな華やかなステーショナリー、ぜひ覗いてみてくださいね。

銀座 蔦屋書店 https://bit.ly/3rOPfBL ※詳細はこちらのHP、オンラインストアにてご確認ください。 ※予約上限に達した場合は早めに終了となることがあります。 ※6⽉中旬以降、 店頭/オンラインショップで⼀部の商品が販売される予定ですが、在庫が限られる可能性があります。

    ニュース設定