開き直ったカップルが見せる“ループもの”の新たな地平 映画「パーム・スプリングス」レビュー

0

2021年04月13日 19:37  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真「おしゃれでかわいい映画」なオーラも漂うビジュアルだが……/(C)2020 PS FILM PRODUCTION,LLC ALL RIGHTS RESERVED.
「おしゃれでかわいい映画」なオーラも漂うビジュアルだが……/(C)2020 PS FILM PRODUCTION,LLC ALL RIGHTS RESERVED.

 4月9日より映画「パーム・スプリングス」が公開されている。公式サイトなどのビジュアルから「おしゃれでかわいい映画なんだろうな」と思っている方がいるかもしれないが、実際は「簡単には良い話にはしないぞ!」な皮肉と毒っ気あふれる、風変わりなループものだ。



【動画】予告編



 ループものでは、主人公が同じ日(時間)を幾度となく繰り返しつつも、なんとかして解決策を探り、ループからの脱出と共に人生における学びを得るのがお決まりだ。この「パーム・スプリングス」でもそのツボを押さえているが、「ループに巻き込まれるのがカップル」であり、「めちゃくちゃな行動を繰り返しつつも最後はハートウォーミング」という風変わりな展開が魅力となっている。



 米Rotten Tomatoesで95%の支持率を得ている本作には、コロナ禍で閉塞感を覚える今だからこそ、ループもので得られる学びと感動がつまっていた。ネタバレにならない範囲で、さらなる魅力を記していこう。



●1:ループに巻き込まれるのがカップル



 あらためて、あらすじを紹介しておこう。実在する砂漠の保養地パーム・スプリングスで、サラは妹の結婚式のスピーチに指名されてしまう。尻込みしているサラに代わってマイクを握ったのは、アロハシャツで短パン姿という浮いた格好をした男性のナイルズだった。サラはピンチを救ってくれたナイルズに興味を抱き、この場限りの関係を持とうとするが、そこで予期せぬ事態が訪れる……。



 実は、このピンチを救ってくれたチャラい男性は、すでにループの中にとらわれており、数えきれないほど同じ日を繰り返している(だから良さげなスピーチができた)。そして、主人公の女性もまた「道連れ」のような形で、突如としてループに巻き込まれてしまうのである。



 ループものでは「主人公ただ1人だけ」がループしていることに気付く、はたまたループを繰り返すうちに仲間を作るというパターンが多い。だが、この「パーム・スプリングス」では「1組のカップル」がループに巻き込まれてしまい、ほぼ2人だけが全編で七点八倒するのがユニークだ。その彼らのやりとりを見ているだけでも大いに楽しめるだろう。



●2:「セッション」の鬼教師の衝撃



 もちろん、同じ日を繰り返すという異常な状況で、2人がすんなりラブラブになるわけがない。サラは半ばヤケクソになり、運転する車を対向のトラックに突っ込ませるし(もちろんすぐにまた同じ日が始まる)、男性はこの状況を楽しむしかないという理由でヘラヘラするばかりでちっとも問題を深刻に考えない。



 しかも、性の話題にもけっこうあけすけであり、PG12指定相当の下ネタもそれなりに出てきたりする。そもそも「よく分からないチャラ男といきなりタイムループに巻き込まれる」という出だしから意地が悪い(褒めてる)し、爽やかなイメージとは裏腹のブラックコメディーという対比も強烈だ。



 そして、ループに閉じ込められたのが実はこの2人だけでなく、「もう1人いる」というのも混沌めいた展開へとつながっていく。しかも、そのもう1人を演じているのは、あの「セッション」の鬼教師役でアカデミー賞助演男優賞を受賞した名優J・K・シモンズなのだ。彼は「セッション」に続いてトラウマ級のキレ演技を披露しており、その瞬間最大風速な笑いを目当てに鑑賞するのもいいだろう。



●3:まっとうなラブストーリー、そして人生賛歌へ



 とはいえ、本作は悪意のあるギャグばかりというわけでもない。抱腹絶倒のブラックコメディーが、いつしかまっとうなラブストーリーへと転換していき、さらには人生賛歌へとつながっていくことには、大きな感動もある。



 あけすけだった性の話題も後に伏線として回収されていくし、チャラく見えていたナイルズの「本質」を知っていくまでの過程はドラマとしても面白く、画的な意味でも「こんなの見たことない!」なロマンチックなシーンがある。果ては「人は何のために生きるのか?」という哲学も提示されるのだ。



 つまりは脚本そのものの完成度が存分に高いのだが、実は脚本の初稿時点ではループものの要素はなく、「自殺するためにパーム・スプリングスに旅立った30代の男が、人生の意味を再発見していく物語」になるはずだったそうだ。なるほど、この初稿でも確かにラブストーリー、人生の哲学を訴える内容として成立はするだろう。



 だが、結果として完成した「パーム・スプリングス」は、やはりループものだからこそのエンターテインメント性と、メッセージの説得力も担保されている。ナイルズは最初こそ単なるチャラ男に見えるが、やがて胸に秘めた孤独や悲壮感が見えてくる。一方でサラも、ループに巻き込まれる前から家族とうまくいかずに絶望の中にいる。そんな2人にとって、ループは共に通じ合うものを見出し、そして恋に落ちるのも必然だといえる、この物語に不可欠としか思えない要素になっているのだから。



 余談だが、脚本家はループに巻き込まれたナイルズが、すでに40年間は同じ時空を繰り返していると、裏設定を明かしている。ざっと1万5000回、同じ日を過ごしている彼の心境を思えば、「今までよく発狂せずにいられたよな…」などと同情することだろう。



●4:コロナ禍でこそ



 ループものといえば、映画では「恋はデジャ・ブ」や「ハッピー・デス・デイ」、アニメ映画なら「うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー」、ライトノベルやテレビアニメでも「涼宮ハルヒ」シリーズの「エンドレスエイト」など、既に数々の名作が存在する。



 だが本作「パーム・スプリングス」を見て改めて思ったのは、先行きが不明瞭な現在のコロナ禍でこそ、こうした同じ日を繰り返してしまうループは、より切実なものとして感じられる、ということだ。



 コロナ禍でずっとステイホームやリモートワークが推奨され、いつまでたっても収束の気配もないという「終わりが見えない」状況は、ループものにおける「明日」に行くことができない絶望とどこか似ている。外界に何かを働きかけようとしても、それが感染者の増加/同じ日が始まることで「リセット」されてしまう苦しさも、どこか共通するものがある。



 一方で、本作では閉塞した状況でも「自己研さん」はできるということを教えてくれる。コロナ禍のステイホームでも勉強はできるし、何かの創作物を手掛けることもできる。「パーム・スプリングス」をはじめとしたループものでは、同じ時間を繰り返すことで、「次は失敗しないため」「いつかループから脱出して来たる明日のため」たゆまぬ努力をしていく。その姿に、今だからこそ勇気付けられるのだ。



 本作終盤である人物が口にする「幸せ」についての言葉は、コロナ禍で生きるわれわれ全てに向けられているようでもあった。このメッセージを見届けるためだけでも、本作を見て欲しいと強く願う。



 ちなみに本作は、新進気鋭の配給会社・ネオンと動画配信サービスの米Huluが共同で2200万ドルという、サンダンス映画祭における最高契約金額(当時)で配給権を獲得したことでもニュースとなった。ところが、新型コロナウイルスの影響で全米のほとんどの映画館が休業となったため、上映は限定されたドライブインシアターと、米Hulu(日本のHuluとは別経営)での配信に。そして米Huluでは最初の3日間でオープニング視聴記録を打ち立て、初月で全加入者の8.1%が視聴したほどの人気作となった。



 つまり、絶賛で迎えられ、コロナ禍の今の世に最大限にマッチした内容の「パーム・スプリングス」を、映画館という最高の環境で見られるのは非常に幸運ということだ。ぜひ、この終わりのない1日から、明日につながる1本を堪能してほしい。



●おまけ:Amazonプライムビデオで配信中の「明日への地図を探して」も要チェック!



 「パーム・スプリングス」での「カップルがループに巻き込まれるラブストーリー」というのは特異なように思えるが、実はAmazonプライムビデオのオリジナル作品でも、似た設定(だがテイストは大きく異なる)の映画が存在している。それが「明日への地図を探して」だ。



 ループに巻き込まれてしまった主人公が、(同じくループに巻き込まれたことが判明する)女の子と何としてでも仲良くなろうとする様は応援したくなるし、いつもゲームをしているオタク友達と恋愛相談をしている様もかわいい。そんな風に、恋をして努力をする男の子のキュートさも堪能できる物語だった。



 もちろん、こちらにもループものだからこその学びもある。街にある「小さな奇跡」を探していくことから、代わり映えのないように思える日常で「輝き」は見つけられると教えてくれる。こちらの作品もまた、ふさぎ込みがちなコロナ禍では希望になるはずだ。



(ヒナタカ)


    ニュース設定