木下優樹菜、“枕営業強要”告発のマリエに対する「命は大事にして」発言で「やっぱりそういうこと?」「余計に怖い」と臆測広がる

1

2021年04月13日 23:02  サイゾーウーマン

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サイゾーウーマン

写真木下優樹菜のインスタグラム(@yukina1204xoxo)より
木下優樹菜のインスタグラム(@yukina1204xoxo)より

 4月4日に行ったインスタグラムのライブ配信で、18歳のときに島田紳助から“枕営業”の誘いを受けたと告発したモデルのマリエ。同13日発売の「フラッシュ」(光文社)では、紳助が司会を務めていたバラエティ番組『クイズ!ヘキサゴン供戞淵侫献謄譽啖蓮砲僚弍藜圓如◆肇悒サゴンファミリー”とも呼ばれていた木下優樹菜が騒動に言及しており、ネット上では「マリエの告発を暗に認めた?」「やっぱりそういうこと?」「余計に怖い」と臆測が広がっている。

 マリエはライブ配信の中で、“枕営業”の誘いを拒んだ結果、『ヘキサゴン』をはじめとする紳助MCの番組を降板させられたと暴露。「明日私が殺されてたら、(紳助の)せいだって言って? みんな、見てる人たち」「私殺されるな、明日」とも発言していた。

 一方で木下は、同じく『ヘキサゴン』ファミリーの里田まい、スザンヌと共に、紳助プロデュースの3人組ユニット・Paboを結成し、CDデビューも果たすなど、特に可愛がられていたメンバー。番組内では“恋愛禁止”のお触れが出ていたこともあり、木下の元夫でヘキサゴンファミリーだったFUJIWARA・藤本敏史は、交際当時、泣きながら紳助の元に相談に行ったというほどだ。

「そんな木下は、マリエの告発に対して『フラッシュ』から直撃取材を受けると、『そんなことを言ったんですか? ヤバいじゃん!』とコメントし、騒動については知らなかったそう。『何か言いたくなっちゃったのかな? 心配ですね』とも語り、記者からマリエが自分の身を案じていたことを聞かされると、『命は大事にしてほしい』『マリエちゃんとは同い年で、まだ33歳なんでね。頑張ってくださいという感じ……』とエールを送ったようですが、ネット上では『白々しい』『絶対なんか知ってるよね?』『普通、勇気を持って告発した相手に「命は大事に」とか言わないはず。それほどヤバいの?』『脅しに聞こえる』と物議を醸しています」(芸能ライター)

 また、木下は「『ヘキサゴン』出演者の集まりみたいなのには1回も参加したことがない」「紳助さんとプライベートで、ご飯に行ったこともない」とも発言していることから、「集まりに行ったことがないは絶対嘘だろ」と疑惑の目が向けられている。

「一部のネットユーザーからは、『番組内で「打ち上げで……」とか話してたよね?』『ヘキサゴンメンバーの飲み会の話ししてなかった?』と、木下が過去にヘキサゴンファミリーとの打ち上げエピソードを語っていたと指摘する声も上がっており、『紳助のことをかばってるんだろうけど、言えないこともあるんだろうね』『紳助に気に入られて出演させてもらってたから、いろいろ知ってそう』と、直撃取材で語られた木下の言葉を信じている人は少ないようです」(同)

 紳助はすでに芸能界を引退しているため、真相を明らかにするには周囲の証言が必要だが、果たして次なる“告発者”は現れるのだろうか。

    ニュース設定