石原さとみ“海音”は人魚?乙姫?考察合戦が白熱、若本規夫と高山みなみの“声”も話題に…「恋はDeepに」

1

2021年04月15日 00:22  cinemacafe.net

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

cinemacafe.net

写真「恋はDeepに」第1話(C)NTV
「恋はDeepに」第1話(C)NTV
石原さとみと綾野剛がドラマ初共演にしてW主演する「恋はDeepに」が4月14日から放送開始。石原さん演じる主人公は“人魚”なのか“乙姫”なのか、ネットで考察合戦が繰り広げられる一方、若本規夫と高山みなみの“声の出演”にもSNSが盛り上がっている。

海を愛する魚オタクの海洋学者とロンドン帰りの御曹司が、巨大マリンリゾートの開発を巡って運命的な恋に落ちる…という本作。キャストは海を愛し何でも魚に例えて語り、人間の出すゴミなどで海が汚されることを嘆き、マリンリゾート開発を阻止しなければと使命感を持つ海洋学者・渚海音に石原さん。

そのマリンリゾートの開発を手掛ける巨大不動産会社・蓮田トラストの御曹司で、近寄りがたい雰囲気で周囲に恐れられているが実は無邪気で純真な少年の心を持っている蓮田倫太郎に綾野さん。


芝浦海洋大学鴨居研究室の特任研究員で、言いたい事はハッキリと言う性格。海音の良き相談相手でもある宮前藍花に今田美桜。芝浦海洋大学の教授で一年前、海音を研究室に迎え入れた鴨居正に橋本じゅん。YouTuberのMr.エニシに福山翔大。

蓮田トラスト専務取締役で蓮田家の長男、次期社長として育てられた完璧主義の蓮田光太郎に大谷亮平。蓮田トラストの社員で蓮田家の三男、ゆるゆるとしたキャラの蓮田榮太郎に渡邊圭祐。蓮田トラスト広報部勤務、倫太郎の親友でもある鶴川優作に藤森慎吾(オリエンタルラジオ)。蓮田トラストの会長兼社長で三兄弟の父親でもある蓮田太郎に鹿賀丈史。といったキャストが出演。


※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
1話は海音が星ヶ浜海岸に巨大マリンリゾートが建設されることを知り、阻止しなくてはと考えるなかで、自らが出演するTV番組をきっかけに倫太郎と対面、翌日、海音は倫太郎と対立関係にある兄・光太郎から呼び出され、リゾート開発チームに参加してほしいと頼まれる。その後、星ヶ浜の海で潜水中の倫太郎が、ボンベが岩に挟まって取れなくなり意識を失ってしまい海音に救出される。浜に横たわる倫太郎に口づけする海音。その様子をMr.エニシがこっそり撮影していた…というストーリーが展開。


ラストで海音の“ヒミツ”が明かされる。それは海の生き物たちと“会話”できるというもの。その他にも鴨居との会話のなかで「匿われている」と話し、ウツボから「キミがここにいられるのはあと3か月なんだよ」と言われることなどから、SNSでは「石原さとみちゃんは人魚さんなの??」「石原さとみさんは人魚なのか!!??」と“人魚説”を唱える視聴者と、「石原さとみは竜宮城の乙姫様なのかしら…」「石原さとみは乙姫様?橋本じゅんは亀?」など“乙姫説”を唱える視聴者が現れ、海音の正体を巡り早速考察合戦が始まっている。


また海音が会話するウツボの声を声優の若本規夫が、ミノカサゴとカニの声を高山みなみがそれぞれ担当。「恋はDeepにみてたら、若本さんきたwww」「若本さん、ウツボ??ウツボなの???」「ミノカサゴとカニやっておられた...我らが高山みなみかっけえ」「高山みなみさんカサゴだった笑」など、2人の出演にもSNSが盛り上がっている。

(笠緒)
    ニュース設定