板垣李光人“周”が芸能界デビュー!?吉川愛“和子”は大興奮するが…

1

2021年04月15日 06:01  テレビドガッチ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

テレビドガッチ

吉川愛と板垣李光人がW主演を務めるモクドラF『カラフラブル〜ジェンダーレス男子に愛されています。〜』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週木曜23:59〜)の第3話が、4月15日に放送される。

同ドラマは、一生懸命働くあまり自分自身には手を抜きがちな新米漫画編集者・和子(わこ/吉川)と、メイクもファッションも完璧で女性と見間違われるほど美しい青年・周(めぐる/板垣)のキュートなラブストーリー。ともに連続ドラマ初主演となる2人が、ありのままのお互いを受け入れ合い、2人で一緒に成長していく、新時代の理想のカップルに扮する。また、実力派俳優の水野美紀・桐山漣ら個性あふれるキャスト陣によるドラマオリジナルストーリーも展開、カラフルな恋愛群像劇が描かれる。

前回の放送では、これまでのドラマではほぼ扱われることのなかった生理をテーマにしたストーリーが展開。和子の痛みを周がサポートする姿に「周くん可愛いだけじゃなくて、好きな人の事理解しようと行動するの素晴らしい」「男子が生理に向き合ってるところを過剰な表現ではなく、それが日常であるような表現してたのすごく好感度上がった」「今の時代の流れが出てる新しいドラマだ」「ドラマで生理のことがここまで描かれるの、初めて見たかも!」「ほんと不器用すぎて可愛すぎるし面白すぎるキラ様×あさひさん」「キラ様の破壊力すごいな。こんな声出して笑うドラマなかなかないよ」などのコメントが寄せられた。

<第3話あらすじ>
和子(吉川)と周(板垣)は、キラ(桐山)とタレント・ゆうたん(永田崇人)の対談に立ち会う。かわいらしいファッションと不思議なキャラクターで人気になったゆうたんは、歌のお兄さんとして子供番組に出演していた。「世界はカラフル? うさぎさんも、ぞうさんも、みんな違ってマルー!!」と決め台詞を言うゆうたん。そんなゆうたんの姿に、周も共感する。

対談後、周はキラのマネージャー・高林からスカウトをされる。高林は以前から周の美貌に目を付け、芸能界に誘っていた。和子は大興奮するものの、周はあまり乗り気ではない。

ゆうたんが出演している子供番組にキラのゲスト出演が決まり、和子とあさひ(水野)は収録の様子を取材に行く。子供の扱い方が分からないキラが子供たちを泣かせてしまい、現場は大混乱。子供たちは機嫌を損ねて、収録が止まってしまう。スタッフが右往左往する中、周が子供たちを慰めて落ち着かせる。その様子を見ていた監督に気に入られた周は、キラに代わって番組に出演することに。かわいい衣装を着た周を見て、和子はまたもや大興奮。

周は子供の心をつかんで、収録は順調に進む。そんな様子にゆうたんは嫉妬心を燃やし……。

このニュースに関するつぶやき

  • �����ϡ���板垣李光人くんは映画『約束のネバーランド』で好きになりました。���襤���ϡ���(��ư)
    • イイネ!3
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定