Snow Man、佐久間大介声優出演の映画「白蛇:縁起」主題歌を担当

0

2021年04月16日 10:34  モデルプレス

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

モデルプレス

写真Snow Man(提供写真)
Snow Man(提供写真)
【モデルプレス=2021/04/16】Snow Manが、メンバーの佐久間大介が声優を務める映画『白蛇:縁起』日本語吹替版(7月30日公開)の主題歌を担当することが決まった。

【写真】SixTONES、Snow Manら東西ジャニーズJr.“62人”豪華集結

今作のために書き下ろされた主題歌のタイトルは、「縁 -YUAN-」(読み:ゆえん)。映画の舞台である古代中国の世界観を連想させるような、壮大なスケールのバラードとなっており、随所に散りばめられた琴や二胡といった中国らしい楽器が、曲の世界観をよりいっそう際立たせる楽曲となっている。

『白蛇:縁起』日本語吹替版公式YouTubeチャンネルでは予告編も公開されており、さらに、Snow Man公式HPでは主題歌の試聴も開始している。

◆映画「白蛇:縁起」とは

追光動画(中国のアニメ会社)とWarner Brothersがタッグを組んで制作した中米共同制作のフル3DCGアニメ映画『白蛇:縁起』。2019年1月に中国で公開されて、美しくハイクオリティなグラフィックと感動的なストーリー性が話題を呼び中国国内で70億円以上の興行収入を誇り、2017年以降の少年以上向けの国産アニメ映画の中で、興行収入が最も高い作品になった(2019年2月現在)。

人と妖怪の境遇を乗り越える真実の愛と、時空・前世を超えても途切れることのない壮大なラブストーリーは中国全土を魅了。また最先端でハイクオリティな3DCGアニメーションから描かれる壮大な自然や景色、多数の魅力的なアクションシーン、キャラクターの繊細な想いと動きは圧巻である。

日本のアニメーション業界にも大きな影響を与えた日本最初のカラー長編漫画アニメ映画「白蛇伝」(中国の民間伝説)が題材でもあり、日本とも親和性の高い作品となっている。(modelpress編集部)

◆佐久間大介コメント

この度、僕たちSnow Manが、『白蛇:縁起』の日本語吹き替え版の主題歌を担当する事になりました。

個人的にはダブル主演で、主題歌まで担当できる事、本当に感謝しています。ものすごく嬉しいです。今回の楽曲「縁 -YUAN-」は、中国の楽器、二胡も取り入れており、曲を聴いただけで中国の世界感が堪能できます。そして、歌詞にはタイトルにもある「縁(えん)」や、「繋がり」といったキーワードを大切にし、この作品のストーリーを物語る様な単語やフレーズが盛り込まれています。

さらには、中国語の歌詞があったりと、日本の方にも中国の方にも楽しんでいただける楽曲になっています。主題歌は作品を引っ張っていくという大事な役目があると思いますので、少しでもこの『白蛇:縁起』という作品に寄り添いながら、お力になれたら幸いです。ぜひこの曲を聴いて『白蛇:縁起』に浸っていただきたいです。

◆あらすじ

『白蛇:縁起』は中国の四大民間説話の一つ『白蛇伝』の前世の話。晩唐の時代、国師が民間人に蛇を大量に捕獲させていた。

白蛇の妖怪「白」(見た目は人間の美少女)が国師を刺殺しようとしたが失敗。少女は逃亡の末、記憶をなくしてしまったが捕蛇村の少年「宣」に救われる。「白」の記憶を取り戻すため二人は冒険の旅に出る。その旅の中で二人は恋に落ちるが、少女が白蛇の妖怪ということも明らかになってしまう。一方、国師と蛇族との間に激しい戦いが始まろうとしていた。二人の恋に大きな試練が待ち受ける。

【Not Sponsored 記事】
    ニュース設定