城田優ら退社も昭和から輝く「ナベプロ」進取の精神 「新聞を読め、トークを磨け」

2

2021年04月17日 11:10  週刊女性PRIME

  • 限定公開( 2 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

週刊女性PRIME

写真左からザブングル松尾、藤原史織(旧芸名・ブルゾンちえみ)、城田優・アレクサンダーと川崎希夫妻
左からザブングル松尾、藤原史織(旧芸名・ブルゾンちえみ)、城田優・アレクサンダーと川崎希夫妻

 創立は1955年。今年で立ち上げから66年を迎えた渡辺プロダクション。現在の芸能プロダクションという形を作った、いわゆる“元祖”だ。

「当時、日本の芸能界にはタレントのマネージャーという存在がほぼおらず、興行師が手引きした仕事にタレントが出演すると、手数料を引かれた分がタレントに支払われる仕組みでした。芸能プロの地位を向上させ、いち早く大卒を社員として雇用し、スーツを着せてマネージャーという役割を作った会社がナベプロなのです」(芸能誌ライター)

 創業者は渡辺晋(しん)さん。'27年、東京生まれ。早稲田大学に入学したが、日本銀行に勤めていた父親が失職。生活費を稼ぐため、ジャズミュージシャンとして活動を始めた。

「米軍クラブで演奏をすれば、最低でも月1万円は稼げた。公務員の初任給が5000円の時代でしたから、わりがよかったんです。しかし、ミュージシャンとして生活するには、収入は不安定だった。晋さんも音楽活動をする中で、この状況を変える必要があると考えたのでしょう。米軍基地で演奏をする中で培ったコネクションを基礎に、芸能プロを作ったのです」(同・芸能誌ライター)

“月給制”が話題になり所属希望者が殺到

 米軍クラブで通訳の仕事をしていた妻の美佐と会社を立ち上げ、歴史は動き始めた。

 ナベプロに所属していた『クレージーキャッツ』のメンバーだった犬塚弘が当時を明かす。

「晋さんが芸能プロをやってるってんで“所属させてくれ”って頼みに行ったんですよ。晋さんは“オウ! いいよ!!”とふたつ返事でね。毎日のように米軍基地やジャズ喫茶で演奏して忙しかった。給料は安かったけどね。妻に“これだけなの!?”と言われましたが、月給制なのはありがたかった」

 生活の最低保障を聞きつけた何組ものミュージシャンが所属させてほしいと言ってきた。それだけ当時としては、ミュージシャンにとって異例の待遇だった。ナベプロが成し遂げた偉業はこれだけではない。

「晋さんはテレビ番組をテレビ局と一緒に作る“ユニット制作方式”を初めて導入したのです。クレージーキャッツが出演したフジテレビ系の『おとなの漫画』やザ・ピーナッツが司会を務めた『ザ・ヒットパレード』が有名です」(芸能プロ関係者)

 さらには、こんなことも。

「レコード会社で行われていた原盤制作を自社で行ったのです。それまではレコード会社が強い力を持っていたため、所属歌手の曲がヒットしても、ささやかな歌唱印税が入るぐらいでした。人材派遣のように仕事を斡旋するだけだった芸能プロのビジネスモデルを、権利ビジネスへと転換したんですよ」(同・芸能プロ関係者)

 テレビ番組への出演を機に爆発的な人気を誇ったクレージーキャッツだが、あの“名曲”を作るキッカケを作ったのも渡辺晋さんだった。

植木等さんの口癖だった“スラスラスイスイ”という言葉を聞いた晋さんが、それを使って曲を作ろうと言い始めたのです。それが大ヒットした“スーダラ節”なんですよ」(前出・芸能誌ライター)

 前出の犬塚は、

「植木の実家はお寺なんですが、スーダラ節を父親に聴かせたら“これは哲学的で奥深い”と、たいそう感心されたそう。植木はこんな曲は歌いたくないと思っていたようですが、お父さんは“売れる”と断言したと、植木が話していました」

 こうして拡大していったナベプロは、いつしか“ナベプロ帝国”とまで呼ばれるように。過去にナベプロから歌手としてデビューしたことがある、日本歌手協会理事長の合田道人(ごうだ・みちと)氏は、当時のナベプロについて、

「どのテレビ番組を見ても、渡辺プロのタレントが出ていました。渡辺プロにソッポ向かれたら、番組が成立しなかった。歌手を目指す人たちにとっても渡辺プロは芸能界の憧れの存在でした」

 と振り返る。王者として君臨したナベプロだが、'73年にはこんな出来事が起こった。

森昌子山口百恵を輩出した日テレ系の超人気番組『スター誕生!』に対抗するため、ナベプロはNETという現在のテレビ朝日と一緒に新番組を企画した。しかし、新番組の時間帯には、すでに日テレ系でナベプロ制作の別番組があった。同じ時間帯の番組には、同じ事務所のタレントを出演させてはいけないという不文律があったので、日テレがナベプロに直談判すると、晋さんは“日テレが放送日を変えればいい”と。これに日テレは激怒して“全面戦争”になりました」(前出・芸能誌ライター)

 しかし、スタートした新番組は視聴率がふるわず、わずか半年で打ち切り。日テレとの対立は長年にわたり続いた。

「私がデビューした'80年ごろには日テレとの関係も回復したようで、デビュー曲から日テレの番組で歌わせていただきました」(前出・合田氏)

黄金期の終わりと創業者の死

 雪解けを迎えたのかと思いきや、ナベプロ帝国にも陰りが。'75年のザ・ピーナッツ引退を引き金に、'78年にはキャンディーズが解散。'79年には森進一が独立。さらに、がんを患い闘病していた渡辺晋社長が'87年に他界する。

「渡辺プロは時代の流れを見つめ、常に新しい潮流を作り上げてきた。それを晋さんと美佐さん夫妻が行ってきたんです」(同・合田氏)

 ナベプロは妻の美佐が引き継ぎ、現在の会長である長女のミキも入社して会社を支えた。ひとつの時代が終わりを告げたかに思えたが、ミキは過去インタビューで《1990年代、それまでのテレビの出演者とは違う要素が求められるようになってきたなって感じまして、今でいう「バラエティタレント」ですよね》と、父親譲りの嗅覚で、時代の変化を感じ取っていた。

「'90年代には吉川晃司が売れ始め、松本明子中山秀征などが台頭してきます。歌手や芸人という枠にとらわれず、時代が求めているものをナベプロは作り出してきた」(前出・芸能プロ関係者)

 前出の合田氏も、ナベプロの柔軟さを感じたと話す。

「私が入ったときは歌以外にも、新聞を読めとか、ダンスやトークのレッスンもありました。マネージャーは“テレビ局員と飲んでこい”なんて言う。いま思えば、社会で生きていく術を教えてくれたな、と。時期がくると、次のステップへと導いてくれました」

 昨年にはブルゾンちえみ城田優がナベプロを退社。今年には川崎希アレクサンダー夫妻が独立し、ザブングル松尾陽介が引退を決めた。みな、ナベプロで学んだ能力を活かせる新天地を目指す。今年4月にオンラインスクールを開校し、新たな人材発掘を目指すナベプロ。また、新時代を築こうとしている。

    ニュース設定