【角田裕毅F1第2戦密着】クラッシュ直前はガスリーを上回る好ペース。速さを披露するも、“慣れ”が仇となったか

0

2021年04月18日 10:41  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真2021年F1第2戦エミリア・ロマーニャGP 角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)
2021年F1第2戦エミリア・ロマーニャGP 角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)
 F1第2戦エミリア・ロマーニャGP予選Q1の最初のアタックラップだった。セクター2を通過した直後のバリアンテ・アルタでバランスを崩した角田裕毅は、マシンを制御できないまま、シケインの出口でコースアウト。タイヤバリアにリヤからクラッシュした。

 セッションはすぐさま赤旗中断。直後にバリアンテ・アルタを通過したチームメートのピエール・ガスリーは「何が起きた?」とチームに無線で尋ねると、ガスリーのレースエンジニアは「彼はだいじょうぶ。でも、マシンはOKじゃない」と返信した。

 いったい、何が起きたのか? 角田は次のように説明した。

「シケインの進入時にプッシュしすぎてしまいました。そのため、進入でマシンが不安定になり、大きなスナップが発生して、マシンをコントロールできずにバリアにスピンしてしまいました」

 クラッシュする直前までは「マシンのフィーリングがとても良く、力強いラップだった」と角田は言う。実際、そのアタックラップのセクター1は24.216秒とアタックしていた15人中、ランド・ノリス(マクラーレン)に次いで2番目に速い区間タイムで通過していた。ガスリーが24.461秒だったことからも、角田のペースがいかに良かったかがわかる。

 しかし、好事魔多し。セクター3に入った直後のバリアンテ・アルタにオーバースピードのまま進入し、クラッシュした。

「1セットのタイヤだけでもQ2に進出できたと思う」(角田)と悔やむように、そこまでプッシュしていなくても、角田はQ1を楽に通過していただろうことは、チームメートのガスリーがQ3に進出し、最終的に予選5番手を獲得していることが証明している。

 にもかかわらず、なぜ角田はQ1からプッシュしたのだろうか? そのことについて、本人は何も語っていないが、F1マシンで最も走り慣れたサーキットだったことが、逆に仇になったという可能性はある。

 しかし、限界で攻めることを要求されるF1ドライバーにとって、ミスは避けては通ることができないことも確か。テクニカルディレクターのジョディ・エギントンもこう語る。

「F1に挑戦する若いドライバーがミスするのはよくあること。だから、彼もそこから立ち直るだろう。最も重要なのは彼が無事だったこと。壊れたマシンは明日までに我々が修理するよ」

 F1ドライバーとして、初めてクラッシュを喫した角田は「今日の予選でのクラッシュは僕のミス。チームに謝りたい」と謝罪した。しかし、気持ちはすでに日曜日のレースに切り替わっていた。

「今夜は気持ちをリセットして、明日のレースに臨みたい」

 土曜日に自ら犯したミスを、日曜日に取り返してほしい。
    ニュース設定