ペレス、0.035秒差の予選2番手「ミスがなければポールだった。優勝争いができるって最高」レッドブル・ホンダ/F1第2戦

0

2021年04月18日 12:01  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真2021年F1第2戦エミリア・ロマーニャGP セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)
2021年F1第2戦エミリア・ロマーニャGP セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)
 2021年F1エミリア・ロマーニャGPの土曜予選で、レッドブル・ホンダのセルジオ・ペレスは2番手だった。

 ペレスのタイムはルイス・ハミルトン(メルセデス)のポールポジションタイムからわずか0.035秒差だった。決勝はソフトタイヤでスタートする。ペレスにとってフロントロウスタートはF1キャリアのなかでこれが初めて。


■レッドブル・レーシング・ホンダ
セルジオ・ペレス 予選=2番手
FP3: 4番手(1分15秒551/18周)
予選: 2番手(Q1=1分15秒395/6番手:Q2=1分14秒716/1番手:Q3=1分14秒446/2番手)

 チームにとって素晴らしい結果だ。明日優勝する可能性があるというのは、本当にいい気分だね。今日はたくさんポジティブな要素を見つけることができた。ただ、最終コーナーで小さなミスをしてしまった。ポールにかなり近いところにいたんだけどね。

 レッドブルに移籍してグリッドからスタートできるのはこれが初めてだ。前回のバーレーンでは(トラブルのために)ピットレーンからスタートした。ところが今回はフロントロウだ! チーム全員が懸命に作業に取り組んできた。それが報われつつあることの証明だね。

 マックス(・フェルスタッペン)と僕は違う戦略でレースを戦う。僕はソフトタイヤスタートだが、マックスはミディアムなんだ。メルセデスにプレッシャーをかけることができるし、いいレースになると思う。

 今日はチームにとって素晴らしい結果を出すことができた。でも冷静さを失ってはならない。やるべきことがたくさんあることは分かっているし、これからも進歩し続けていくことが重要だ。

(会見で語り)ミスがなければポールポジションに届いた。今日はポールポジションを獲れたはずだったんだけどね。

 何よりもチームに対してありがとうと言いたい。昨日はミスをして(エステバン・オコンと接触し)彼らに大変な作業を強いることになった。でもうまく挽回できた。今日この位置に立てるとは全く予想していなかった。

 イモラは1周をうまくまとめるという面で最も難しいサーキットのひとつだ。だから、(移籍後)2戦目でこの位置に立てたというのは、大きく進歩しつつあるということだ。
    ニュース設定