Jr.EXILE、38人がアバター化 アニメ・ゲームなど展開する『BATTLE OF TOKYO』発表

0

2021年04月18日 16:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真アバター化したJr.EXILE計38人をアニメやゲームなどさまざまなデジタル・バーチャルコンテンツで展開する (C)ORICON NewS inc.
アバター化したJr.EXILE計38人をアニメやゲームなどさまざまなデジタル・バーチャルコンテンツで展開する (C)ORICON NewS inc.
 LDHは18日、都内で次世代総合エンタテインメントプロジェクト『BATTLE OF TOKYO』記者発表会を実施。GENERATIONS(7人)、THE RAMPAGE(16人)、FANTASTICS(8人)、BALLISTIK BOYZ(7人)のJr.EXILE計38人をアバター化し、アニメやゲームなどさまざまなデジタル・バーチャルコンテンツを展開すると発表した。

【集合ショット】EXILE HIROや片寄涼太らイケメンが集結!

 リアルとバーチャルを横断・融合した世界初の「Miked Reality Entertainment」として本格始動した同プロジェクト。舞台となるのは架空の未来都市「超東京」。一人ひとりが自ら創造したキャラクターがアバターとなり、MAD JESTERS(GENERATIONS)、ROWDY SHOGUN(THE RAMPAGE)、Astro9(FANTASTICS)、JIGGY BOYS(BALLISTIK BOYZ)と4つのチームとなってバトルを繰り広げていく。

 これまで音楽やダンスで「TOKYOポップカルチャー」を創造してきたLDH。最新テクノロジーと日本を代表するスタッフにより、アニメ、ゲーム、ライブ、ミュージックビデオ(MV)、舞台などあらゆるエンタテインメント体験を発信していく。

 スタッフは、映像監督に東弘明氏。キャラクターデザイナーはコザキユースケ氏。メカニックデザイナーは出渕裕氏。また、アニメ声優の第1弾として梶裕貴、木村昴、石川界人、堀江瞬、武内駿輔が出演することも発表された。

 この日の会見には、片寄涼太、関口メンディー、川村壱馬、吉野北人、世界、砂田将宏が登壇。片寄は「事前に拝見させていただきましが、率直に楽しみです!」と笑顔。アニメ好きの世界も「すごくワクワクしています」と興奮していた。

 企画・プロデュースのEXILE HIROは「アニメも作らせていただく予定で、あとはゲームプロジェクトも準備しているので、さまざまな角度からグローバルマーケットにアプローチしていきたい」と海外も視野。

 また、本プロジェクトは「スタートラインに立った感じ。クレイジーな構想にワクワクしています。いま、5%くらいです」とさらなる仕掛けを用意しているという。
    ニュース設定