広瀬すず&櫻井翔主演『ネメシス』第2話、「話題作りに必死」!? あの“二世俳優”出演も「大丈夫?」と不安の声

1

2021年04月18日 18:11  サイゾーウーマン

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サイゾーウーマン

写真ジャニーズ事務所公式サイトより
ジャニーズ事務所公式サイトより

 嵐・櫻井翔と広瀬すずのダブル主演ドラマ『ネメシス』(日本テレビ系)が、4月11日からスタート。初回は平均世帯視聴率11.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録し、好調な滑り出しを切ったものの、「今後の展開に、早くも不安が立ち込めている」(芸能ライター)という。

 自称天才、その実ポンコツな探偵・風真尚希(櫻井)と天才すぎる助手・美神アンナ(広瀬)による“凸凹バディ”が事件を解決していく同作。初回は、女医・上原黄以子(大島優子)が「探偵事務所ネメシス」を訪れ、上原の雇い主である“磯子のドンファン”こと澁澤火鬼壱(伊武雅刀)の80歳記念パーティーを中止しないと、澁澤の命は保証しないという脅迫状が届いたと相談を持ちかけた。

「“極上のミステリーエンターテインメント”を謳う同作ですが、初回放送後、ネット上では『トリックが雑。ミステリーを名乗らないでほしい』『出演者が豪華なだけで、中身のないドラマ』『キャストが好きで期待してたけど、つまらなくてガッカリ。来週は見ないかな……』など、不満の声が続出。一時、Twitterの検索機能で『ネメシス つまらない』が一番上にサジェストされ、話題になるほどでした」(同)

 早くも“視聴者離れ”の兆候が見える『ネメシス』だが、18日放送の第2話には、話題の“二世俳優”が登場。

「この回では、俳優・窪塚洋介の息子で、モデルとして活動する窪塚愛流がドラマ初出演を果たします。児童養護施設で育ち、行方不明になってしまった神谷樹という人物を演じるとのこと。出演の発表にあたり、同作のプロデューサーは『異質な役者』、監督も『佇んでるだけで画になる立ち姿』などと絶賛していました」(同)

 これまで、CMやMV、映画『泣き虫しょったんの奇跡』(2018年)への出演歴もある愛流だが、ネット上では「この人の演技見たことないけど、大丈夫なの?」「また二世かよ……。スタッフが褒めてるとはいえ、大したことないと思う」など、その実力を疑問視する声は多い。

「放送開始前、橋本環奈の出演が発表された際にも、同じように『出演者重視で、ストーリーが薄そう』といった不安の声が上がっていました。良くも悪くも、こうした話題で注目を集めたからか、結果的に初回視聴率は好調でしたが、『とにかく話題作りに必死だよね。ドラマの内容は二の次?』といったコメントもあり、第2話以降が本当の勝負になるでしょう」(同)

 キャストの話題先行という批判を乗り越え、『ネメシス』は視聴者の心をつかめるのか……まずは今夜放送の第2話に注目したい。

    ニュース設定