「うっせぇわ」Ado、名前の由来明かす「誰かの人生の脇役になれたら」

196

2021年04月19日 13:04  モデルプレス

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

モデルプレス

写真Ado/提供写真
Ado/提供写真
【モデルプレス=2021/04/19】「うっせぇわ」がヒット中のシンガーAdoが18日、MBS・TBS系「日曜日の初耳学」(毎週日曜よる10時)に出演。名前の由来を明かした。

【写真】「うっせぇわ」Ado、高校卒業を報告「本当に学生でした」

◆Ado、名前の由来明かす

MCを務める林修と1対1で対談をするコーナーに登場したAdoに、林は「Adoという名前はどこから来てるんですか?」と質問。

Adoは「最初は意味も分からず小学生の時に響きで付けた」といい「狂言の世界における役柄でシテとアドというのがあって。シテが主役でアドが相手役、脇役という意味で。私の曲を聴いてくださる方々の代わりに戦える存在というか、誰かの人生の脇役になれたらいいのかなと思って。意味は後付けですけど」と由来を明かした。

◆Ado、レコーディング場所は「クローゼット」

壁に防音材を貼り、録音機材が置かれたクローゼットの写真を公開したAdo。

音楽好きの父の影響で幼い頃から音楽に興味があったというAdoは「中3か高1のとき」にクローゼットでレコーディングし、動画投稿を始めたと明かした。

Adoは昨年10月に「うっせぇわ」でデビューし話題に。同曲はMVが1億回再生を記録するなど異例のヒットで話題を呼んでいる。(modelpress編集部)

情報:TBS


動画を別画面で再生する



【Not Sponsored 記事】

このニュースに関するつぶやき

  • 「(録音ブースに)入ってねえんだよ!この野郎!!」
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • わしら、over50世代には、Ado=アド=水森亜土=亜土ちゃんやな。「うっせぇ♪うっせぇ♪うっせぇわ♪」と歌いながら、透明板に絵を描いてほしい。
    • イイネ!92
    • コメント 7件

つぶやき一覧へ(127件)

ニュース設定