宮城知事「安全と安心は別もの」=東電社長に要請書―原発処理水放出

18

2021年04月20日 19:01  時事通信社

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

時事通信社

写真東京電力ホールディングスの小早川智明社長(右)と面会し、東電福島第1原発から出る処理水の海洋放出に関する要請書を手渡す宮城県の村井嘉浩知事=20日午後、同県庁
東京電力ホールディングスの小早川智明社長(右)と面会し、東電福島第1原発から出る処理水の海洋放出に関する要請書を手渡す宮城県の村井嘉浩知事=20日午後、同県庁
 宮城県の村井嘉浩知事は20日午後、同県庁で東京電力ホールディングスの小早川智明社長と面会し、東電福島第1原発から出る放射性物質トリチウムを含む処理水の海洋放出について説明を受けた。村井氏は「安全であることと安心であることは別ものだ」と述べ、周辺自治体でも懸念される風評被害への対策などを求め、要請書を手渡した。

 村井氏は面会後の取材に「福島ファーストにならないでもらいたい。特に宮城県は、水産業が本格操業していて被害が大きくなる」と風評への懸念を強調した。小早川氏は「風評の影響は地域、業種、期間を問わず意見を伺い、まずは風評が起こらないような対応を図ることが重要だ」と話した。 

このニュースに関するつぶやき

  • だったら安全をどれだけ積み重ねれば安心なのかね? で、いくら欲しいの?って話になる。 https://mixi.at/a6MbwBS
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 「安全だけど安心じゃない」などという一見もっともらしい非科学的な感情論こそが、風評被害の元凶なんだよなあ┐(-。-;)┌
    • イイネ!8
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(16件)

ニュース設定