アウディ新型A3シリーズを発表。高性能版S3のスポーツバックとセダンも登場

0

2021年04月21日 15:11  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真新型S3スポーツバック
新型S3スポーツバック
 アウディジャパンは、コンパクトハッチバックおよびセダンのアウディA3シリーズのフルモデルチェンジを発表。2021年4月21日(水)より受注を開始し、同年5月18日より全国のアウディ正規ディーラー(124店舗)を通じて発売する。なお、“S”モデルであるアウディS3スポーツバック/セダンも同時に発売される。

 アウディA3シリーズは、世界最大のマーケットであるコンパクトセグメントにおいて高い人気を誇るハッチバック/セダンのモデルだ。先代の第3世代は2013年よりA3スポーツバックを、2014年にはA3セダンを国内に導入し、手頃なボディサイズとアウディらしいスポーティでエレガントなスタイル、高品質なインテリア、高い走行性能で人気を得た。

 今回発表された第4世代の新型は、スポーティなデザイン、高効率化されたエンジンと洗練されたサスペンション、よりデジタル化した操作系やディスプレイ、高機能になったインフォテイメントシステムやドライバーアシスタンスシステムと、全方位で進化を果たしている。またグレード構成が変更され、『ベース』『アドバンスト』『Sライン』の3つをラインナップする。

 新型A3スポーツバックのボディサイズは、従来モデル比で+20mmの全長4345mm(アドバンスト)、全幅は+30mmの1815mmだ。フロントのヘッドルームは+7mm、エルボールームは+6mm。後席のショルダールームは+2mm、エルボールームは+3mmと室内空間が拡大された。また、荷室容量は380リッター(最大で1200リッター)を確保している。

 新型A3セダンでは全長は+30mmの4495mm(アドバンスト)に。全幅は+20mmの1815mm、全高は+20mmの1425mm(アドバンスト)で、ホイールベースの変更はない。運転席のポジションを下げたことで、フロントヘッドルームは+20mmとなり、エルボールームも広くなっている。荷室容量は425リッターを確保している。

 新しいA3シリーズは、横置きエンジン用プラットフォーム『MQB』を採用。キャビン骨格など、ボディの30%(重量比率)に熱間成型スチールを採用することで、高いボディ剛性と軽量化、優れた安全性を実現している。

 インテリアは、センターコンソールを運転席側に向けたドライバーオリエンテッドなコックピットデザインが採用され、コンパクトな新形状のシフトスイッチを採用するなど、空間に広がりを与えると同時にリリースボタンを廃したことで、前後への単純な動作でシフト操作を可能にしている。

 メーターパネルは10.25インチの高解像度液晶ディスプレイに、メーター類をはじめ、DIS(ドライバーインフォメーションシステム)や地図表示などの機能を統合したアウディバーチャルコックピットをオプションで用意。インフォテイメントとしては、最新の10.1インチのタッチスクリーン式『MIB3』MMI ナビゲーションシステムを搭載している。

 また、サステイナブルな取り組みの一環として、『Sライン』の標準シートのクロス部分にリサイクルペットボトルを原料とした素材が用いられ、見た目と座り心地の両面で従来のテキスタイル地と同等の品質を確保した。インテリア以外のコンポーネントも断熱材や吸収材、ラゲージコンパートメントのサイドパネル、積載フロア、マットにもリサイクル原料が使われている。
 
 パワートレインは、『30 TFSI』では最高出力110PS、最大トルク200Nmを発揮する1.0TFSIエンジンを搭載。日本へ導入されるプレミアムコンパクトセグメントでは初めてベルト駆動式オルタネータースターター(BAS)と48Vリチウムイオンバッテリーを用いたマイルドハイブリッド・ドライブシステムを組み合わせ、低燃費化と加速時におけるモーターにおけるアシストによって走行性能を高めている。

 一方、『40 TFSI』は190PS/320Nmを発生する2.0TFSIエンジンを搭載し、quattro四輪駆動システムと組み合わせられる。トランスミッションは両エンジンともに7速Sトロニックが採用された。

 サスペンションは『30 TFSI』のフロントがマクファーソンストラット式、リヤはトーションビーム式だ。『40 TFSI』はフロントがマクファーソンストラット式、リヤはウイッシュボーン式の組み合わせとなる。

 また、最新の安全技術とアシスタンスシステムが採用され、従来のアダプティブクルーズコントロールやアクティブレーンアシスト、トラフィックジャムアシストを統合した、アダプティブクルーズアシストがオプションで用意された。前走車の追従機能に加えて、車線からのはみ出しを自動で修正する車線維持機能により、ドライバーの疲労を軽減する。

 新型A3スポーツバック/セダンのエクステリアカラーは、アトールブルーメタリック、マンハッタングレーメタリック、パイソンイエローメタリック、ターボブルーの4色を新規で用意。アトールブルーとマンハッタングレーは『ベース』と『advanced』専用、ターボブルーは『S line』とS3の専用色となっている。
■高性能版S3ハッチバックとセダンも登場

“S”モデルである、アウディS3スポーツバック/セダンは、ボンネットの先端に往年のAudi quattro を彷彿とさせるデザインのスリットを備え、さらにハニカムパターンのシングルフレームグリルや大型のエアインテークを備えたフロントバンパー、専用デザインのリヤディフューザー、左右4本出しのテールパイプなどにより、スポーティさに磨きがかけられた。

 S3シリーズのインテリアは黒を基調にスポーツシートを採用するなど、プレミアムスポーツの雰囲気を強調。なお、12.3インチのバーチャルコックピットプラスは標準装備となる。

 搭載される2.0TFSIエンジンは最大1.8barの過給圧(相対圧)のターボチャージャーと350barの燃料噴射を備え、最高出力310PS、最大トルク400Nmを発揮。トランスミッションは7速Sトロニックで、 電子制御式油圧多板クラッチを用いたquattroを組み合わせている。

 サスペンションはフロント:マクファーソンストラット式、リヤ:ウイッシュボーン式で、ベースモデルに比べて車高が15mm低く設定された。また、オプションで電子制御式のダンピングコントロールサスペンションも選択可能だ。

 S3の荷室容量はスポーツバック/セダンともに325リッターを確保。スポーツバックは後席を倒すと最大で1145リッターまで広がる。

 なお、アウディジャパンは新型モデルの導入を記念して 『1st edition(ファーストエディション)』を発売する。A3 30 TFSI“アドバンスト”をベースに、装備を充実させたモデルをスポーツバックとセダンそれぞれ375台と125台、S3スポーツバックは125台販売される。車両価格は、A3スポーツバックが453万円(税込)、A3セダンが472万円(税込)、S3スポーツバックが711万円(税込)だ。
    ニュース設定