野党、緊急事態宣言「今回を最後に」=与党は政府対応に理解

17

2021年04月23日 20:02  時事通信社

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

時事通信社

写真立憲民主党の枝野幸男代表
立憲民主党の枝野幸男代表
 政府が東京など4都府県に3度目の緊急事態宣言発令を決めたことについて、野党からは23日、こうした事態に至った責任を問う声が相次いだ。これに対し、与党は政府の対応に理解を示した。

 立憲民主党の枝野幸男代表は記者会見で「3度目の緊急事態宣言は看過できない。政治の責任放棄だ。今回を最後にしなければならない」と強調した。

 共産党の田村智子政策委員長は会見で「打つべき手が全部後手に回っている。減収、損失への補償が何も打ち出されていない。2021年度補正予算が一刻も早く組まれるべきだ」と訴えた。

 一方、自民党の世耕弘成参院幹事長は会見で、今回の措置が感染抑止につながることに期待を示した上で「国民になお一層の不自由をかける。支援策を充実させることが重要だ」と述べた。

 公明党の石井啓一幹事長は会見で「感染力の強い変異株に置き換わりつつある。より強力な措置を集中的に実施しなければいけない」との考えを示した。 

このニュースに関するつぶやき

  • 単純に、“では、あなたたちならもっと上手くできたと?”
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 責任を問うって、お前らは自民公明を有権者が選んだ国のリーダーとして認めてサポートする事もせず、与党の政策に文句を言いながら対案も出さず、それで今日に至るのではないか。本当に大概にしろ。
    • イイネ!30
    • コメント 9件

つぶやき一覧へ(12件)

ニュース設定