まぶたの酷使のせいで体までだるく…… 「眼瞼下垂」になった人の手術体験談漫画でまぶたを労る大切さを知る

71

2021年05月03日 12:03  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真眼瞼下垂で手術を受けた人の体験談
眼瞼下垂で手術を受けた人の体験談

 長年まぶたを酷使した結果、「眼瞼下垂」という病気になって手術を受けた漫画家の体験談漫画が、目やまぶたに負担をかけすぎないようにすることの大切さを教えてくれます。



【画像】漫画を読む



 10代のころからアイプチやつけまつげでギャルメイクを楽しみ、長年コンタクトを使っていた漫画家のたまごひめさん。その結果、まぶたが垂れ下がって黒目が一部隠れてしまう「眼瞼下垂(がんけんかすい)」になっていました。生まれつきの人もいれば、たまごひめさんのようにだんだん症状が進む人もいるといいます。



 眼瞼下垂になると、本人は思いっきり目を開けているつもりでもほとんど目が開いていない状態になることも。表情が相手に伝わりづらくなる他、人によっては肩こりや睡眠障害、ときにはうつ症状を引き起こすこともあるといいます。たまごひめさんは、体がだるく、夜熟睡したつもりでも日中ひどい眠気があるなどの悪影響がありました。



 長年のコンタクト使用や目をこするなど心当たりが多かったたまごひめさんは、「ただ眼が小さいだけですね」と言われたら恥ずかしいな……と思いながら病院へ。診断はまさに眼瞼下垂で、その日に手術の説明を受けることになりました。



 ネットで口コミなどを調べて手術に臨んだためごひめさん。好きなミュージシャンの曲を手術室で流してもらいながら、局所麻酔で意識がある状態で手術を受けます。自分の皮膚が焼き切れているであろう「ジジジジ」という音とよく焼いたアジの匂い。「あたし焼いたらアジの匂いがするんだ…」と新たな発見をして静かに驚くのでした。



 術後は目の重さは消え、すっかりと軽い瞳に。目がよく開き気持ちも軽やかになったとたまごひめさんは語っています。眼瞼下垂かも、と気になる場合は「おでこを手で抑えてみて瞳が開きにくい人は要注意」とのこと。術後の変化や症状の原因などは人それぞれですが、おしゃれを楽しみつつも健康を意識して適度な調節が大切だと気付かせてくれる体験です。



作品提供:たまごひめさん


このニュースに関するつぶやき

  • コレやった! 自然に鏡を見て、まぶたが黒目にかかってたら手術レベルだそうな。素晴らしく快適になった!加齢による二重(生まれつきは一重)がしっかり二重になって得した気分www
    • イイネ!1
    • コメント 2件
  • 宮根さんや和田アキ子さんがやった手術だろうか?術後の顔を見て心無い言葉を吐いている人を時々見かけるけど、よく調べも考えもせず、思いついたまま喋るタイプの人なんだろうな。
    • イイネ!31
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(40件)

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定