緊急入院の佐野史郎リコカツ放送中の降板、「心より感謝」代役平田満に期待

0

2021年05月05日 08:08  日刊スポーツ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

日刊スポーツ

写真佐野史郎(20年1月撮影)
佐野史郎(20年1月撮影)

俳優佐野史郎(66)が4日、腎臓機能障がいで緊急入院するため、北川景子主演のTBS系連続ドラマ「リコカツ」(金曜午後10時)を降板することを発表した。佐野が演じていた主人公・咲(北川)の父親は、7日放送の第4話から平田満(67)が代役を務める。


佐野は自身の公式サイトにコメントを掲載。約1カ月入院治療せざるを得なくなったと報告し「プロの俳優として、恥ずかしく、健康管理をできていなかったこと、心底、反省いたしております」。そして「ドラマさながら、『出直してこい!』と、厳しい判断がなされたものと、ドラマの神様の司令と、受け止めます」などとつづった。


連ドラ放送中としては異例の配役交代だが「さぞ、戸惑われていらっしゃることと思いますが、平田満さんに宿る武史像は、愚直で嘘がつけず、自分に正直なゆえに、結果、家族を傷つけてしまう…という、切ないお姿が目に浮かびます」と平田に期待。「深く深く、心より感謝申し上げるばかりです」とした。コメントはかなりの長文で、スタッフらの名を記し、思い出などを軽妙なタッチで振り返った。そして「体調を整え、この先、更なる精進をしてまいりたいと思います」と復活も誓った。


佐野は4月中旬に体温39度の発熱があり、PCR検査を受けたが、陰性だったという。同作の植田博樹プロデューサーからクリニックを紹介され、治療を進める中で腎臓機能障がいが発覚した。同病は、腎臓機能に障がいが生じ、尿から老廃物を排せつできなくなったりする。

    ニュース設定