田中圭、フジ月9ドラマ決定も「放送できる?」 広告業界で囁かれる懸念事項

1

2021年05月06日 15:02  日刊サイゾー

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

日刊サイゾー

写真インスタグラム:【公式】フジ新月9「ナイト・ドクター」より
インスタグラム:【公式】フジ新月9「ナイト・ドクター」より

 田中圭が6月からスタートするフジテレビの月9ドラマ『Night Doctor』に出演すると発表された。主演の波瑠をはじめ、 北村匠海や岸優太(King & Prince)といった人気キャストが揃った医療ドラマになるという。

「フジテレビは失いかけた月9ブランドを復権したいと奮闘しており、ここ最近は特に意欲作が続いています。どうしても数字を取りたいがためか、現在放送中の『イチケイのカラス』、その前の『監察医 朝顔』、さらにその前の『ラジエーションハウス〜放射線科の診断レポート〜』『トレース 科捜研法医研究員の追想』とマンガ原作が続きました。しかし、『Night Doctor』は久しぶりの完全オリジナル脚本。これが吉と出るか凶と出るか……。フジは視聴率低迷でキャスティングにも苦労しているといいますが、この作品が当たれば風向きを変えることができるかも」(テレビ局関係者)

 田中が月9ドラマに出演するのは2017年の『民衆の敵〜世の中、おかしくないですか!?〜』以来だが、当時は端役のひとりに過ぎなかった。しかし、今回は主演の波瑠に次ぐ二番手の役所とあり、田中が俳優として飛躍したことがうかがい知れる。

 しかし一方で、「ドラマが無事に放送できるのか心配」といった声も聞こえてくる。中堅芸能事務所デスクの話。

「昨年7月〜9月に放送していた『アンサング・シンデレラ病院薬剤師の処方箋』(フジテレビ)の撮影中、田中は二日酔いの状態で撮影現場に現れて石原さとみを激怒させたと週刊誌で報じられました。この報道を裏付けるように、田中は8月にタクシー内で泥酔して料金の支払いができなくなり、警察署で保護されたことも明らかになっています。また、2018年には賭け麻雀をやっている店に出入りしていることや、不倫疑惑を取り沙汰されました。どうも危なっかしい話が定期的に浮上している。案の定、コンプラ重視のNHKからは敬遠されてると聞きました。大きな事件をやらかさないといいですが……」

 とはいえ人気も実力も申し分ないことは確か。仕事は絶えず続いているが、一方で先細りが心配されるのがCMの仕事だという。広告カメラマンはこう語る。

「田中は2019年1月から丸2年にわたりボートレースのCMでメインキャラクターを務めていました。しかし、その契約も昨年末で終了。契約満了だったといいますが、酒のトラブルがなかったら契約延長もあったでしょうね。公営競技の場合、クリーンなイメージを保つため、CMキャラクターの素行が悪いと降板になってしまうこともある。それから、アルコールでトラブルを起こしたタレントは車のCMもNGリストに入れられます。テレビや映画からは引く手数多のようですが、CM業界は慎重になっていると思いますよ」

 トラブル臭が拭いきれない田中だが、月9ドラマで成果をあげれば、広告業界の見方も変わるかもしれない。

    ニュース設定