EXIT兼近の島田紳助氏への「ダメです、その人消えた芸人」発言 賛否両論の嵐

4

2021年05月09日 11:00  AERA dot.

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AERA dot.

写真週刊朝日の表紙を飾ったEXITの兼近大樹(右)
週刊朝日の表紙を飾ったEXITの兼近大樹(右)
 お笑い芸人・EXITの兼近大樹が5月6日、司会を務めるABEMA TV「変わる報道番組#アベプラ」に出演した際の「ある発言」が大きな反響を呼んでいる。

【写真】兼近に「消えた芸人」と言われた紳助氏はこちら

 この日のテーマは「コンテンツの再生方法」。若者たちの間で動画や小説などを「倍速」や「飛ばし見」で消費する風潮が広がっていることが取り上げられた。

 兼近は「漫才もそう。“間”があるから次につながっているので。映画でも小説だってそうですし。心理描写と風景描写を想像しながら読みから、こことここがつながっているんだって楽しめる」と指摘。

「1つの作品を1時間で読めるんだったら、10時間かけて読めって思います。そうしたらもっともっと楽しめる。作者の意図じゃないところも読み込める」と力説した。

 また、「僕、みんなが見てるもん見てないんです。みんなが見てないようなものをメチャクチャ見ていたりするから、知識の偏りエグいんです。でもテレビに出る人はそれが損で。テレビに出ている人は広く浅くじゃないと(話題に)ついていけないですね。おれ、わかんないことばっかりですもん。だから愛想笑いしかしてない」と明かした。

 ここで共演者のプロデューサー・若新雄純が「大先輩の島田紳助さんが言った有名な言葉があるじゃないですか。『広く全部見ておく必要はなくて、みんなが知らなそうなやつだけ1個だけをメチャメチャ詳しいと、それをしっかり語れば物知りって思ってもらえる』って。そっちに気づいたら倍速で見る意味ないよって思っちゃう」とコメントした。

 すると、兼近が「ダメです、その人、消えた芸人じゃないすか」と即座に指摘したのだ。

 民放のテレビ局スタッフはこう反省を口にする。

「島田紳助さんについてズバッと否定する芸能人はなかなかいないので新鮮でしたね。兼近さんは勢いで言ったのではないと思います。紳助さんはカリスマ性を持った人でしたが芸能界を引退して10年近く経つし、お世話になったからってタレントやスタッフが忖度する考え方は時代に合っていない。兼近さんのこの発言が目立ってしまうのも良くないんですけどね。世論の感覚と乖離してしまっている」

 SNSやネット上では実際、兼近の発言に賛同するコメントが多かった。

「兼近は賛否両論あるけど非常に頭が良いし思考のバランスが取れた芸人だと思う。古臭い芸能人は未だに紳助を一蹴出来ないであろう所を、簡単に一蹴するのも素晴らしい」

「含蓄(がんちく)ある一蹴だと思ってしまう。余程の持論がないと即座に出ない強い言葉。名前がデカいだけに強く蹴れば反動があるのは、彼の頭の回転なら絶対わかっている。その上で即否定はかの大物による被害を身近に感じているか、不祥事で消えた人を良く言うのは信条に反したかのどちらかだろう。自身が禊をしているだけに後者だろうか」

 一方で違和感を唱える声も相次いだ。

「過去の名言とか全否定するのは違うと思う。まぁ紳助って名を出さず誰かがって言えば良い。とは言え、キャリアも実績も圧倒的に差があり、敬意とかも無いのは人として何か引っ掛かる。忖度とかじゃ無くね」

「島田紳助のことは好きではないけど、過去の発言を否定するのは違和感。兼近にとって芸人の先輩だしね。罪を憎んで人を憎まずじゃないけど、あの場面はスルーしてよかった気がする」

 兼近は頭の回転が速く、物事の本質を捉えたコメントをすることから、若い世代を中心に人気を集めている。今回の「島田紳助に忖度をしない」発言は果たして無礼なのか。視聴者の年代によっても考え方が分かれるかもしれない。(梅宮昌宗)

このニュースに関するつぶやき

  • 別に、いいんじゃない?特に間違った発言だとも思わない。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • という事は、歴史上の人物の言葉も全て否定するって事になるよね?自分としては逮捕歴のある人物の言葉の方が信用出来ないと思っている。 https://mixi.at/a8dMfHk
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(3件)

ニュース設定