【おちょやん】第112回見どころ 千代と一平がNHKでニアミス!?

0

2021年05月10日 08:15  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真春子と話しをする千代(杉咲花)=連続テレビ小説『おちょやん』最終週・第112回より (C)NHK
春子と話しをする千代(杉咲花)=連続テレビ小説『おちょやん』最終週・第112回より (C)NHK
 NHKで放送中の連続テレビ小説『おちょやん』(月〜土 前8:00 総合/前 7:30 BS4K・BSプレミアム※土曜日は1週間の振り返り)。5月11日放送の最終週・第112回の見どころは?

【写真】実はキーパーソンだった…千代が芝居の魅力に気づくきっかけをつくった熊田(西川忠志)

 一平(成田凌)が書き上げた新作「初代桂春団治」は大変な人気を呼び、東京公演も決まり、新聞やラジオのインタビューも増える。そんな折、放送局で取材を受ける一平と本読みに来た千代(杉咲花)が鉢合わせしそうになり、周囲は肝を冷やす。予期せず、一平の肉声を聞き、熊田(西川忠志)との再会もあって、道頓堀に思いを馳せ、浮かない表情の千代。心配した春子(毎田暖乃)が、あるものを作ったことで、千代はその思いに心を動かされて…。

 ちなみに、「初代桂春団治」のモデルは、大正時代に活躍した上方落語界のスーパースター、初代・桂春團治(かつら・はるだんじ)。従来の落語にギャグを取り入れた巧みな話術で人気となる一方、私生活は妻子を捨て、財産持ちの未亡人と再婚して「後家殺し」の異名を取り、金遣いも荒くて借金で首が回らなくなるなど、破天荒な生き方でも話題をさらった。

 連続テレビ小説『わろてんか』(2017年度後期)には、桂春團治に相当する落語家・月の井団吾(波岡一喜)が登場。一平役の成田は、『わろてんか』にも出演しており、吉本興業の創始者・吉本せいがモデルのヒロイン・てん(葵わかな)と夫・藤吉(松坂桃李)の長男・隼也役を演じていた。

 『おちょやん』は、大正から昭和にかけて活躍し、「大阪のお母さん」として親しまれ、上方女優の代名詞とも言われた浪花千栄子をモデルに、ヒロイン・竹井千代の波乱万丈な半生を、『半沢直樹』(2013年)などの脚本家・八津弘幸氏がオリジナルで描く。全115回(23週)。5月15日(土)が最終回(本編の最終回は5月14日、15日は最終週の振り返り)。
    ニュース設定