ガル・ガドット、『ジャスティス・リーグ』撮影中にジョス・ウェドン監督から脅されたことを認める

3

2021年05月10日 13:32  cinemacafe.net

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

cinemacafe.net

写真ガル・ガドット-(C)Getty Images
ガル・ガドット-(C)Getty Images
『ジャスティス・リーグ』のレイ・フィッシャーを筆頭に、過去手掛けた「バフィー〜恋する十字架〜」「エンジェル」のキャストからも横暴な振る舞いが暴露されたジョス・ウェドン監督。

このたび、『ジャスティス・リーグ』のガル・ガドットも、同作の撮影中にウェドン監督からキャリアを台無しにしてやると脅される経験をしていたことを明らかにした。ガルの母国イスラエルのメディア「N12 News」に語っている。

「ジョスと私には問題がありましたが、なんとか対処しました。彼は私のキャリアを脅かしました。もし私がなにかをしたら、『キャリアを台無しにしてやる』と言われたんです」。

今年4月、「The Hollywood Reporter」は『ジャスティス・リーグ』の撮影中に、ガルが新たに作られたセリフに疑問を呈するとウェドン監督が「私は脚本家でもある。だまってセリフを言え。そうでなきゃ、この映画の中でお前をものすごくバカに見せることもできるんだぞ」と脅迫したことを報じていた。上記のガルの発言はこの件について語ったものと思われる。

ワーナーメディアは、『ジャスティス・リーグ』の撮影現場で起きたとされるウェドン監督のひどい言動や態度に対する調査を行い「是正措置が取られた」と発表したが、その具体的な内容は明らかにしていない。

(Hiromi Kaku)
ニュース設定