知念侑李、主演舞台『照くん、カミってる!』悲願の初日 「幕が開くことのうれしさ」実感

1

2021年05月13日 04:00  ORICON NEWS

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真舞台『照くん、カミってる!〜宇曾月家の一族殺人事件〜』の主演を務めるHey! Say! JUMP・知念侑李 撮影:田中亜紀
舞台『照くん、カミってる!〜宇曾月家の一族殺人事件〜』の主演を務めるHey! Say! JUMP・知念侑李 撮影:田中亜紀
 人気グループ・Hey! Say! JUMPの知念侑李が単独初主演、初ストレートプレイに挑戦する新作舞台『照くん、カミってる!〜宇曾月家の一族殺人事件〜』の東京公演が、12日に初日を迎えた。知念のコメントと、舞台写真が到着した。

【写真】演出を務める河原雅彦氏と笑顔でガッツポーズをする知念侑李

 “そこそこ本格ミステリ”『照くん、カミってる!〜宇曾月家の一族殺人事件〜』は、シリアスでありながらコメディ要素も取り入れ、本格的な推理が盛り込まれた舞台作品。知念は“極度のめんどくさがり屋な探偵”能神照(のうがみ・てる)というかなりクセの強いキャラクターを演じる。演出は河原雅彦氏、脚本は須貝英氏が手がけている。

 昨年、公演中止が決定した際には、すでに稽古は中盤に差しかかっており、開幕を迎えられなかったことがキャスト、スタッフ全員の心残りであった本作。今回も一部公演がやむを得ず中止になるも、悲願の上演を迎えることができた。

 知念は「ゲネプロまで来れたという安心と、幕が開くことのうれしさを感じています。稽古場では、時間が空いた時にキャストみんなで年甲斐もなく遊んだりもして、楽しい稽古場でした。いろんな方から“リーダー”と呼ばれている河原さん。稽古場でみんなの士気を高めてくれて、さすが“リーダー”でした!」とコメント。

 「舞台の登場人物にまともな人が誰一人としていなくて、とんでもないキャラクターばかりが出てくるのでぜひ注目して欲しいです。でも、シリアスなシーンもちゃんとあるので、そのギャップや空気感も楽しんでいただけたら。このご時世ではありますが、劇場の中では現実を忘れて、気軽に、好き勝手に楽しんで欲しいです。そうしてくれないと、僕たち泣いちゃうので(笑)」と見どころをアピールしている。
    ニュース設定