LGBT差別、許さず=超党派議連が法案作成

51

2021年05月14日 20:01  時事通信社

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

時事通信社

写真馳浩氏
馳浩氏
 超党派の「LGBT(性的少数者)に関する課題を考える議員連盟」(会長・馳浩自民党政調会長代理)は14日、LGBTへの差別を許さないと明記した法案を作成した。議連メンバーは所属する各党に持ち帰り、了承を得た上で今国会に提出し、成立を目指す。ただ、自民党内には慎重意見もあり、手続きが難航する可能性もある。

 法案の名称は「性的指向および性自認の多様性に関する国民の理解の増進に関する法案」。国民のLGBTに対する理解を促す理念法との位置付けだ。

 法案は、政府にLGBTに対する理解増進の基本計画策定を義務付ける。施策の実施状況は毎年公表し、3年ごとに計画の更新も求めた。関連施策は内閣府が中心的に担い、関係府省庁でつくる連絡会議も設置。企業や学校設置者にも理解の促進や相談体制の確保に努めるよう求めた。 

このニュースに関するつぶやき

  • 「LGBTの特権を許さず」を許さず。どこが特権だ?不平等の是正だと何度言ったらわかる?
    • イイネ!5
    • コメント 0件
  • デメリットについて語らず、見切り発車後「想定されていたのに無視していた問題」がアレコレ噴出…叩かれまくるのが最近の自民のやらかすパターン🤪時代がど〜こ〜じゃね〜んだ、こんなもんは🤪
    • イイネ!56
    • コメント 7件

つぶやき一覧へ(43件)

前日のランキングへ

ニュース設定