星野源『バナナマンのバナナムーンGOLD』生出演 日村勇紀は“キングボンビー事件”を反省

0

2021年05月15日 01:56  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真(左から)星野源、バナナマン (C)ORICON NewS inc.
(左から)星野源、バナナマン (C)ORICON NewS inc.
 シンガーソングライターで俳優の星野源が、14日深夜放送のTBSラジオ『金曜JUNK バナナマンのバナナムーンGOLD』(毎週金曜 深1:00)にゲスト出演。14日に49歳の誕生日を迎えた日村勇紀を祝福した。

【写真】『バナナムーン』スタッフも祝福 49歳の誕生日を迎えた日村勇紀

 『バナナムーン』内で星野は毎年、日村のバースデーソングを披露。今年2月には、バナナマンと放送作家のオークラ氏が、ニッポン放送『星野源のオールナイトニッポン(ANN)』(毎週火曜 深1:00)に訪れ、星野の40歳の誕生日を祝っていた。

 この日の放送で、設楽統が「日村勇紀、49歳のバースデーということで、源くん、来ると思いますか? 星野源が来ると思いますか?」と日村に問いかけ。日村は「どうかなー今まで、来れなかった時もあったから、来てほしいな」と一旦は付き合うも「いる、この話? だって、いるじゃん」とぶっちゃけ、星野がスタジオ出演していることがわかった。

 設楽が「我々、源くんのラジオに出させてもらって。あの時、日村さんがキングボンビーをやって、思いのほかスベっちゃって。本当に落ち込んだみたいで…」と振り返ると、星野も「LINEきましたもん、スベってごめんって。そんなことないですよって」と後日談を披露。設楽が「化粧を落とし終わって、本当に負けたボクサーみたいに、深々と頭を垂れて、ちょっと話しかけられない雰囲気だったんだって」と明かした。

 日村が「あの夜は本当に申し訳なく思っている」と謝罪すると、設楽も「フリもなしに、いきなりやったことがよくなかったんじゃないかなと」と反省の弁。星野は「コロナ禍というのもあって、地下1階のイマジンスタジオで広かったというのもあったかもしれないですね」とフォローを入れていた。

 番組の模様は、放送後1週間以内は「radiko」で聞くことができる。
    ニュース設定