今田美桜の“彼パーカー”姿に胸キュン 『恋ぷに』渡邊圭祐とリラックスシーン公開

0

2021年05月15日 07:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真水曜ドラマ「恋はDeepに』第6話に出演する渡邊圭祐と今田美桜 (C)日本テレビ
水曜ドラマ「恋はDeepに』第6話に出演する渡邊圭祐と今田美桜 (C)日本テレビ
 女優の今田美桜と俳優の渡邊圭祐が出演する、日本テレビ系連続ドラマ『恋はDeepに』(毎週水曜 後10:00)第6話が19日に放送される。海を愛する海洋学者・渚海音(石原さとみ)と、ロンドン帰りのツンデレ御曹司・蓮田倫太郎(綾野剛)の運命的な恋の行方を描く、大人のファンタジーラブコメである今作。海音と倫太郎の恋の行方が気になるなか、今田演じる藍花と渡邊演じる榮太郎の場面カットが公開された。

【写真】時折、PCを前に不審な動きをみせていた榮太郎だったが…

 第5話の焼き鳥デートで、ついに榮太郎が藍花に告白。藍花が受け入れて、晴れて付き合うことになった2人。第6話では、藍花が蓮田家で榮太郎のパーカーを着た“彼パーカー”姿が胸キュンの、リラックスしたシーンが登場する。さらに、椎木(水澤紳吾)と榮太郎の怪しい動きの真相も。これまで、対立する倫太郎と光太郎(大谷亮平)の関係を取り持ってきた榮太郎。何を画策しているのか…。

 第5話で、お互いの過去を明かした海音と倫太郎。海音ときちんと話そうと鴨居家にやってきた倫太郎は、星ヶ浜で亡くなった母親の指輪を発見。それは海音が星ヶ浜で拾い、大切にしてきたものだった。泣き崩れる倫太郎を海音は抱きしめ、自分の正体について、「星ヶ浜の海で生まれたこと」、「海を守るためにやってきたこと」、「あと2か月で帰らなくてはいけないこと」を告げた。

 一方、鴨居(橋本じゅん)は、資金難に苦しんでいた研究室を救うため、水質調査のデータを改ざんした過去を海音に告白。光太郎は「海底資源の開発」を発表し、さらなる環境への影響にショックを受ける海音。さらに、海音の経歴をめぐって週刊誌の記者に問い詰められる鴨居。海音を守ろうとした勢いで、記者が転倒し、警察に連行されてしまう…というストーリーだった。
    ニュース設定