韓国のゴールデン・グローブ賞『第57回 百想芸術大賞』Netflix 作品が席巻

1

2021年05月15日 18:00  ORICON NEWS

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真“韓国のゴールデン・グローブ賞”『第57回 百想芸術大賞』Netflix作品の受賞たち(上段左から)チョン・ジョンソ、パク・ジュヒョン(下段左から)オ・ジョンセ、ヨム・ヘラン、キム・ソンホ
“韓国のゴールデン・グローブ賞”『第57回 百想芸術大賞』Netflix作品の受賞たち(上段左から)チョン・ジョンソ、パク・ジュヒョン(下段左から)オ・ジョンセ、ヨム・ヘラン、キム・ソンホ
 “韓国のゴールデン・グローブ賞”とも呼ばれる『第57回 百想(ペクサン)芸術大賞』授賞式が5月13日に開催された。『百想芸術大賞』は、映画やテレビで活躍する俳優や製作者らが勢ぞろいし、韓国最高峰の映画やドラマシリーズを競う、注目度の高い総合芸術賞。本家アメリカのゴールデン・グローブ賞や映画の祭典アカデミー賞同様に、韓国でもNetflix作品のノミネート、受賞が目立つ結果となった。

【写真】レッドカーペットにはキム・スヒョンやソン・ガンの姿も

 9作品15部門に23ノミネートを獲得したNetflix作品(独占配信中)。その中から、映画『ザ・コール』主演のヨンスク役チョン・ジョンソが【女性最優秀演技賞】、ドラマ『人間レッスン』でギュリ役パク・ジュヒョンが【女性新人演技賞】。

 ドラマ『サイコだけど大丈夫』サンテ役オ・ジョンセが【助演男優賞】、ドラマ『悪霊狩猟団カウンターズ』メオク役ヨム・ヘランが【助演女優賞】、そして『サイコだけど大丈夫』ムニョン役ソ・イェジと、ドラマ『スタートアップ:夢の扉』ジピョン役キム・ソンホの2人が【TiKToK 人気賞】。

 技術部門では『サイコだけど大丈夫』が【コスチューム賞】、映画『スペース・スウィーパーズ』が【特殊効果賞】を受賞した。

 受賞結果を受け、Netflix コンテンツ部門バイス・プレジデント(韓国、東南アジア、オセアニア圏)のキム・ミニョンがコメントを発表。「百想芸術大賞で評価された韓国発の作品をはじめ、Netflixでは過去数十年にわたってアジア地域の韓流ブームを先導する中で培った確固たる制作能力を土台に、クオリティ及びストーリー性の高い物語を継続的に配信しています。Netflixによって全世界に同時配信され、世界190ヶ国のメンバーの皆さまに一斉に楽しんでもらうことで、世界規模で多くの方に愛される作品群としての影響力をさらに拡大できる新たな段階を迎えていると実感します」と、手応え。

 「Netflixでしか観ることのできない作品をお届けすることを突き詰め、韓国国内の映像業界と細やかな協力関係を持つことにより、フォーマットやジャンルなどの制約にとらわれずに、新しいコンテンツを生み出ていくことに挑戦し続けます。今後のラインナップにもぜひご期待ください」と、アピールしている。

■受賞作品紹介

●Netflix オリジナルシリーズ『人間レッスン』(全10話、4月29日より配信中)
テレビ部門 女性新人演技賞(パク・ジュヒョン)

 大金を稼ぐために犯罪行為に手を染めた高校生たちを描く衝撃作。先の見えないどん底生活を強いられた真面目な優等生ジスが、進学費用を稼ぎ、真っ当な暮らしを手に入れようと、裏稼業に手を染める。それは小さなミスが人生をも狂わせかねない、あまりにも危険なビジネスだった。だが同じ高校の女子生徒にその秘密をかぎつけられたことで、順調だった二重生活が音を立てて崩れ始める。ウソを重ねるたびに危険と不安は増していくばかり。追い詰められていく彼は、平凡な夢をかなえようと必死にもがく。

 緊張感あふれる学園サスペンスの主演を務めるのは、日本で社会現象を巻き起こした『梨泰院クラス』グンス役で注目を集めたキム・ドンヒ。新人演技賞を受賞したパク・ジュヒョンは、真面目な高校生ジスの同級生ギュリを演じ、裕福な家庭で育ち完璧主義の両親に嫌気がさしていたギュリは、ジスの秘密をかぎつけ自身も危険なビジネスに乗り込んでいく。

●映画『ザ・コール』(2020年11月27日より配信中)
映画部門 女性最優秀演技賞(チョン・ジョンソ)

 古い電話の向こうから聞こえてくるのは、過去から届く連続殺人犯の声。20年という時間を超え、同じ家に暮らす2人の女の人生がいま大きくゆがみ始める。映画『#生きている』、ドラマ『アルハンブラ宮殿の思い出』でヒロインを演じたパク・シネ、そして百想芸術大賞で女性最優秀演技賞を受賞したチョン・ジョンソ主演の時空を超えたミステリーサスペンス。チョン・ジョンソは連続殺人犯を怪演し、女性最優秀演技賞に輝いた。

●Netflix オリジナルシリーズ『サイコだけど大丈夫』(全16話、配信中)
テレビ部門 助演男優賞(オ・ジョンセ)、TikTok 人気賞(ソ・イェジ)、コスチューム賞

 愛を知らない人気童話作家と、精神病棟で献身的に働く男。つらい思いを抱えて生きる2人の運命が交錯する時、互いの心に癒やしをもたらす、新たな人生の扉が開く。変だけどかなりステキなヒーリングロマンチックコメディー。主演は、兵役を経て5年ぶりのドラマ出演となったキム・スヒョンとソ・イェジ。さらにオ・ジョンセ、パク・ギュヨンほかが出演。

●Netflix 映画『スペース・スウィーパーズ』
映画部門 特殊効果賞

 2092年、宇宙ゴミ掃除船「勝利号」の船員たちは大量破壊兵器の人間型ロボットを発見、危険な取引に出る。ドラマ『ヴィンチェンツォ』『太陽の末裔』のソン・ジュンギと『ミスター・サンシャイン』のキム・テリが共演した、韓国初、宇宙を舞台にしたSF大作映画。2500カットのうち2000カットがVFXで、1000人以上のスタッフが携わるという壮大なスケールで制作された。

●Netflix オリジナルシリーズ『悪霊狩猟団カウンターズ』(全16話)
テレビ部門 助演女優賞 (ヨム・ヘラン)

 昼はククス麺屋の店員、夜は悪霊と戦う正義の味方“カウンター”。特別な力を与えられたカウンターたちは、町の平和と、大切な人たちを守るため、今日も命がけの戦いに挑む。チョ・ビョンギュ、gugudan セジョン共演。Webtoon原作。

●Netflix オリジナルシリーズ『スタートアップ:夢の扉』(全16 話)
TikTok 人気賞(キム・ソンホ)

 韓国のシリコンバレー、サンドボックスで未来の成功を夢見て、スタートアップに飛び込み、困難に直面しながらも成長していく若者たちの姿を描く。元missAのスジ(『Vagabond/バガボンド』『ドリーム・ハイ』)と人気俳優ナム・ジュヒョク(『保健教師アン・ウニョン』『恋のゴールドメダル』『ハベクの新婦』)、キム・ソンホ、カン・ハンナ出演。『星から来たあなた』『ドクターズ』『ホテル・デルーナ』のオ・チュンファン監督と、『ドリームハイ』『君の声が聞こえる』『ピノキオ』脚本のパク・ヘリョンが再びタッグを組む。

●ノミネート作品
Netflix オリジナルシリーズ『青春の記録』(全16話)
Netflix オリジナルシリーズ『Sweet Home −俺と世界の絶望−』(全10話)
Netflix オリジナルシリーズ『ヴィンチェンツォ』(全20話)

■今後も多彩なジャンルの注目作品が続々

 イ・ジェフン、タン・ジュンサン出演『ムーブ・トゥ・ヘブン:私は遺品整理士です』(5月14日より配信中)、チャン・ギヨン、チェ・スビン、クリスタル出演のほろ苦いラブストーリー映画『甘酸っぱい』(6月4日より配信)、医師5人の日常を描く『賢い医師生活 シーズン2』(6月17日より毎週配信)。

 さらに、人気を呼んだゾンビドラマ『キングダム』に登場した“アシン”(チョン・ジヒョン)の正体が解き明かされるスピンオフ『キングダム:アシンの物語』、ペ・ドゥナ&コン・ユの2大スター共演、砂漠と化した未来の地球が舞台の本格SF『静かなる海』、チョン・ヘイン主演、軍の脱走兵を追うチームの奮闘を描いた『D.P. −脱走兵追跡官−』、ハン・ソヒ(『夫婦の世界』)、アン・ボヒョン(『梨泰院クラス』)出演、『人間レッスン』監督最新作、父の死の真相を求めるジウが警察に潜入し復讐に燃えるアクション・ノアール『My Name(英題)」など、ゾンビ、ラブロマンス、SF、ヒューマンドラマ、サスペンス等多岐にわたる作品が控えている。
    ニュース設定