オートポリスでのSFL第9戦は濃霧のため中止に。TCRJサンデーシリーズ、SFフリー走行はキャンセル

0

2021年05月16日 10:41  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真8時50分のオートポリス。霧が濃い状況は9時30分の時点でも続いている。
8時50分のオートポリス。霧が濃い状況は9時30分の時点でも続いている。
 全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権第8戦は5月16日、大分県日田市のオートポリスで決勝レースが行われる予定だったが、10時の時点で濃霧のためディレイが続いている。この状況をうけ、大会審査委員会は10時10分に、12時30分から開催予定だったスーパーフォーミュラ・ライツ第9戦の中止を決定した。またスーパーフォーミュラのフリー走行、TCRジャパンシリーズのサンデーシリーズの決勝レースもキャンセルとなっている。

 前日は強い雨のなかで第7戦が行われたスーパーフォーミュラ・ライツ。迎えた5月16日は、当初予定では8時25分から第8戦が、12時30分から第9戦が行われる予定となっていたが、早朝からオートポリスは濃い霧に包まれ、7時40分の時点でグリッドへの試走が30分間ディレイに。その後8時15分の時点でさらに30分間のディレイ、8時53分の時点でさらに15分間、9時05分の時点で15分のディレイが決まった。

 8時40分ごろからオートポリスは雨が降り出し、その後は風とともに大きな雨粒も舞ったが、霧は時折晴れるものの、やはり濃いまま。9時の時点でSFL第8戦は周回数が14周もしくは30分に変更され、さらに9時20分の時点で、スーパーフォーミュラ・ライツの後に予定されていたTCRジャパンシリーズのサンデーシリーズの決勝レースがキャンセルとなった。

 その後9時45分にスーパーフォーミュラ・ライツの参加エントラントによるミーティングが行われ、その結果大会審査委員会は10時10分の時点で、12時30分から予定されていた第9戦の中止を決定した。なお、全日本スーパーフォーミュラ選手権のフリー走行も10時10分の時点でキャンセルが決まっているほか、TCRジャパンシリーズのサンデーシリーズの決勝レースも中止に。現在、第8戦のディレイが続いている状況だが、10時45分の時点で、12時05分からグリッドへの試走が始まるスケジュールが予定されている。
    ニュース設定