市川海老蔵、日テレSDGs新キャンペーンで特別大使 2013年から植樹活動を継続

0

2021年05月17日 05:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真日本テレビ『Good For the Planetウィーク』特別大使に就任した市川海老蔵 (C)日本テレビ
日本テレビ『Good For the Planetウィーク』特別大使に就任した市川海老蔵 (C)日本テレビ
 歌舞伎俳優の市川海老蔵が、日本テレビの新キャンペーン『Good For the Planet ウィーク』(GFP)特別対しに就任した。5月31日から6月6日まで、同局がSDGs(持続可能な開発目標)の17項目を中心に、人のため、暮らしのため、社会のため、そして未来のためにできることを視聴者と一緒に考えていく1週間で、各番組が、さまざまなジャンルの“未来にいいこと”“地球にいいこと”を発見・発信していく。

【写真】SPサーポーターを務める橋本環奈

 2014年から、長野・志賀高原で地元の子供たちとともに、ドングリから育てた苗を植樹する『ABMORI』の活動を続けている海老蔵。同キャンペーンのパーソナリティー・TOKIOをとともに、地球にいいことや、自身の活動への思いを発信するとともに、視聴者の“今からスイッチ”を応援する。

 この特別大使就任に海老蔵は「任命されたことだけでなく、任命された後にも多くの方とかかわりながら、日本の環境問題、地球の環境問題に取り組めることに喜びを感じています」と感激。「地球環境への取り組みは『気づき』から始まるので、皆さんの『気づき』のタイミングに、僕たちがやっていることが合えば、ありがたいことだなと思います」とメッセージを送る。

 植樹活動のみならず普段から「自分が地球の中で『使わせてもらっている」」部分については少しでも環境的に“イーブン”に持っていく動きをしたいと思っています。『支出』というか、『汚す』というか、水道の蛇口を絞るようなことはいろんなことでしています。そして、電源をこまめに切る。自宅でいろいろコンセントを抜いていますよ。あと、使うタオルの量を減らすとか。昔はタオルの量なんて気にせずに使ってしまっていた。今はなるべく余計には使わないようにしています」と心がけを明かす。

 「これまでやってきた植樹と、川や海の環境はつながっているので川や海の環境に関しても知識を深めていきたいと思っています。先日、『DASH海岸』の撮影に参加させてもらって、例えば「汚染」と「汚だく」は違うということを初めて知りました。川や海の環境についても知っていくことで、植樹も含めて、よりよい形で環境問題に取り組んでいきたいです」と海老蔵自身も“今からスイッチ”を押す。

 また、公式ツイッターではGFPオリジナル企画『いいねスイッチ』がスタート。毎日ツイート画面の中に表示される4つのスイッチ(ハッシュタグ)の中から「自分にもできること」を選んでタップするとそらジローが“ほめジロー”になって褒めてくれるこの企画。
スペシャルな動画が全員に届く。全国からの「スイッチ」合計数が一定数になると“ほめジロー”がどんどん進化する仕組みに。またオリジナル動画『海老蔵流Good For the Planet』を計3本アップ予定。第1弾『酵素浴のすすめ』は17日から公開される。
    ニュース設定