【おかえりモネ】清原果耶主演の朝ドラスタート “彩雲”演出に「朝から幸せ」

1

2021年05月17日 08:58  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真『おかえりモネ』第1回放送より(C)NHK
『おかえりモネ』第1回放送より(C)NHK
 女優の清原果耶がヒロインを務める、NHK連続テレビ小説『おかえりモネ』(月〜土 前8:00 総合/前 7:30 BS4K・BSプレミアム※土曜日は1週間の振り返り)が、きょう17日に第1回の放送を迎えた。

【場面写真】青空の下、気持ち良さそうに手を広げる清原果耶

 第1週(17日〜21日)のタイトルは「天気予報って未来がわかる?」。第1回の始まりは2014年春。宮城県気仙沼市の離島・亀島で育った永浦百音(清原)は、高校卒業を機に、内陸の登米市の大山主・新田サヤカ(夏木マリ)の家に下宿して、森林組合の見習い職員として働き始める。サヤカは百音の祖父・龍己(藤竜也)と旧知の仲で、百音は彼女の元で山や木について学んでいた。父・耕治(内野聖陽)は、家を離れた娘を心配して、頻ぱんに電話をよこすが、百音は忙しくしていて、なかなか連絡が取れない。

 この日の放送では、サヤカが開設した診療所の医師・菅波光太朗役の坂口健太郎、百音に「気象予報は未来を予測できる世界なのだ」ということを教える朝岡覚役の西島秀俊ら主要キャストも登場。

 さらに、太陽の近くを通りかかった雲が虹色のように色付く現象が起こった「彩雲」を百音が目撃するシーンもあり、SNSでは「とてもきれい」「朝から幸せな気持ちになれる」など演出に感激するコメントも見られた。

 本作の気象考証を担当する斉田季実治氏は自身のツイッターで「彩雲はかなり頻ぱんに見られる現象」といい「目を痛めないように、太陽を建物で隠すのがポイント。そのほうがよりきれいに『にじいろ』を撮ることができますよ」と解説した。

このニュースに関するつぶやき

  • これから半年近く、毎日果耶ちゃんの演技が見られる贅沢さ(*^^*)。初回から良かったなぁ。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定