『着飾る恋には理由があって』第4話:エンディングの「アナザーストーリー」が見逃せない! 横浜流星が最後の1秒までキュンとさせてくる

1

2021年05月18日 12:21  Pouch[ポーチ]

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Pouch[ポーチ]

写真写真

毎週火曜夜10時からTBSで放送中のドラマ『着飾る恋には理由があって(通称:着飾る恋)』。

胸キュン度100%なストーリーが話題ですが、実はこのドラマ、視聴者をさらにキュンキュンさせる「ある仕掛け」があるんです。

その仕掛けとは、エンドロールで流れる「アナザーストーリー」!

あのシーンの裏で実はこんなことがあった」と教えてくれるもので、これを観ることでますます胸キュンが止まらなくなるのです〜〜!

【第4話あらすじ】

2021年5月11日に放送された第4話。

前回第3話で、くるみ(川口春奈さん)に「そうだねぇ、たぶん好きだねぇ」と告白めいたことを口にした駿(横浜流星さん)。

しかしハッキリ付き合おうと言われたわけでもないので、くるみはモヤモヤ。

そんな中でも、頭を引き寄せて写真を撮ろうとしたり「2人きりでいいじゃん」とご飯を食べに誘ったり、「お・や・す・み」と壁をノックしたりと、くるみを惑わせまくるのでした。

駿……アナタはなんて罪な男なんですか……。くるみだけでなく、視聴者の心臓も持たないよ!!!!!

【今回も最高にキュンキュンしてました】

今回第4話の山場は、なんといっても「ハグ&逆告白」シーン

駿とのやり取りを続ける中で、自分の中にある「駿への好意」を自覚したくるみは、駿に「ぎゅーしてもらっていいですか?」とお願いします。

すると駿は間髪入れずに抱き寄せて、「もしかして俺のこと好きなのかもね〜」と言いながら頭をポンポン(ぎゃ〜〜〜!)。

その後も「そうだね、たぶん、好き」「素直でよろしい」といった会話を繰り広げており、胸キュン度は1000%♡

あまりにもドキドキしすぎて、この時点ですでに瀕死の状態ですが、ラストに流れるアナザーストーリーがさらなるドキドキを運んでくれたのです。

【アナザーストーリーで「キュン」が限界突破!】

今回のアナザーストーリーの舞台は、くるみと駿が2人きりで出かけたお蕎麦屋さん。

本編では、駿の本心がまだハッキリしていない物語序盤に登場。ただ仲良く食事を楽しんだだけだったのですが……

アナザーストーリーを見ると「駿の本心がよくわかる会話」が展開されていたことが判明っ!

お蕎麦屋さんは、駿にとって「なじみの店」。

店主夫妻とも仲が良いようで、「彼女なんて連れちゃって〜」と茶化されたとき、なんと駿が

「彼女じゃないです! オレは……好きですけどね。そうなればいいかな〜、なんて」

と口にしていたのですよ〜〜〜!

なお、くるみはこの会話を耳にしていません。そうした背景も含めてドキドキしちゃう♪

【ところで向井理さんはまだですか】

アナザーストーリーは、今作ならではのユニークな仕掛け。最後の1秒までキュンとさせてくれるだなんて、なんともニクいですよねぇ。

今回第4話で気持ちを確認しあった、くるみと駿。

次回第5話からは「お付き合い」がスタートするようですが……「当て馬ポジション」と予想される葉山(向井理さん)がなかなか登場しないことが気がかりです。

TBS火曜ドラマ名物「恋敵」のまさかの不在。今後の展開が気になるところです〜っ!

参照元:TBSテレビ、Instagram @kikazarukoi_tbs、Twitter @kikazarukoi_tbs
執筆:田端あんじ (c)Pouch

関連ツイートはこちら

    ニュース設定