高畑充希、閉館の映画館「アップリンク渋谷」に「かなり寂しい」思い出語る<浜の朝日の噓つきどもと>

1

2021年05月18日 13:49  モデルプレス

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

モデルプレス

写真高畑充希 (C)モデルプレス
高畑充希 (C)モデルプレス
【モデルプレス=2021/05/18】女優の高畑充希が18日、都内にて、主演を務める映画『浜の朝日の噓つきどもと』(9月10日全国公開)の完成報告イベントに、共演の大久保佳代子、タナダユキ監督と出席。閉館を予定している映画館「アップリンク渋谷」への思いを語った。

【写真】高畑充希、超ミニで美脚大胆披露

◆高畑充希、大久保佳代子に“珍アドバイス”

同作は、福島県・南相馬に実在する映画館「朝日座」を舞台に、東京の映画配給会社に勤めていた福島県出身26歳の茂木莉子(本名:浜野あさひ)が恩師との約束“「朝日座」再建”のため、小さな“嘘”をついてでも映画館を守ろうと奮闘する物語。高畑は主人公・茂木を演じ、大久保は莉子の高校時代の恩師・田中茉莉子役で出演する。

大久保は脚本を読んだ際、「セリフがめっちゃ多いなというプレッシャー」を感じ、「いつもとは違う現場になるので、みなさんの迷惑にならないようにセリフだけは入れていこう」と気合いを入れて撮影に臨んだそう。

ただ、高畑は、大久保のセリフが多い箇所について「『これってどこまで覚えて、どこまでだったら覚えなくていいのかな?』と、わりと序盤にこっそり聞かれて(笑)」と大久保から質問されたことを明かした。

大久保は「“実は覚えなくてもいいパターンって、あるんじゃないか?”と思って探ったんです」といい、高畑から「『もしかしたら、(セリフが)切り替わるから、…でも入れておいた方がいいですけどね」などとアドバイスを受けたエピソードを紹介。

大久保の言葉を受け、高畑は「『でも、最悪(台本を)置いて読んじゃえば!』みたいなことを(笑)」と大久保に“珍アドバイス”も送っていたことを自ら暴露。大久保も「いいアドバイスをもらいました。カンニングしろと言われました!」と軽快なトークで会場を沸かせ、高畑は照れ笑いを浮かべた。

◆高畑充希、思い出の映画館は?

映画館の思い出の話題では、高畑は、5月20日をもって閉館することを発表している「アップリンク渋谷」が好きなことを告白。

「もちろんちゃんと観るときもあるのですが、寝落ちしちゃう瞬間が好きで。ちょっと、ソファみたいになっているじゃないですか。“わりと淡々とした映画を観ながら、アップリンクで途中、寝落ちする”みたいな時間が至福だったので、無くなるのがかなり寂しいです」と語っていた。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】
    ニュース設定