累計30万部ヒットの絵本『パンどろぼう』シリーズ 作者・柴田ケイコ氏の“創作の原点”

0

2021年05月18日 16:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真18日放送の『セブンルール』(C)カンテレ
18日放送の『セブンルール』(C)カンテレ
 18日放送のカンテレ・フジテレビ系ドキュメントバラエティー『セブンルール』(毎週火曜 後11:00)では、発売からわずか1年で累計30万部の大ヒットとなった『パンどろぼう』シリーズの絵本作家・柴田ケイコ氏を密着する。

【写真】グループ卒業以来、初メディア出演!長濱ねるの最新撮り下ろしショット

 「正統派な顔が嫌い」な柴田氏が描く、お茶目で憎めないパンどろぼうのユーモアあふれる物語は、昨年『第1回TSUTAYAえほん大賞』で第1位を受賞。「50年後も語り継ぎたい作品」と称えられた。「『まずい』の顔がすごく面白くてね」とパンどろぼうの表情にハマる子どもが続出し、読み聞かせする親や保育士、書店員の間でも大きな反響を呼び、韓国での出版も決まった。

 豊かな自然に囲まれた高知県春野町で夫と2人の息子と暮らす柴田氏。奈良芸術短期大学でビジュアルデザインを学び、フリーのイラストレーターとして広告や出版のおしゃれなイラストを手掛けてきたが、子どもが生まれて作風が変わった。かわいいものに目がいき、動物を描くようになって彼女らしさが増し、周囲の評判は「おしゃれ」から「おもしろい」に変化。次第に遠い世界だと思っていた絵本作家への意欲が生まれてきた。

 息子へのある思いを込めて、着想から8年かけてデビュー作『めがねこ』を書き上げた。夢だった絵本作家になった柴田氏は、5年間に15作もの絵本を世に送り出している。今回カメラは、新作『ドーナツペンタくん』を執筆中の自宅アトリエや、地元の書店めぐり、柴田氏らしい方法でファンと交流するサイン会に密着し、“創作の原点”を映し出す。「まだまだ未熟で修業中」と自らを語り、ジェラシーを感じるのは「小学校低学年の子どもが描く何にも縛られない絵」と打ち明ける。

 スタジオでは、柴田氏が描いた出演者全員の似顔絵に歓喜の声が。長濱ねるが思わず「かわいい〜!」と叫んだのは誰の似顔絵なのか。一方「ストーリーの先が気になる…」と絵本の続きが気になって仕方ない尾崎世界観とYOU。3児の父・ナイツの塙宣之は、子どもをしつける時に実践する芸人ならではの子育て論を語るが、新米パパ・青木崇高の反応は。
    ニュース設定