虹コン・清水理子、亡き父への思い込めた歌語る「大切な人をもっと大切にしたいと思ってもらえれば」

0

2021年06月13日 12:05  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真映画『お終活 熟春!人生、百年時代の過ごし方』大ヒット御礼舞台あいさつに登壇した清水理子 (C)ORICON NewS inc.
映画『お終活 熟春!人生、百年時代の過ごし方』大ヒット御礼舞台あいさつに登壇した清水理子 (C)ORICON NewS inc.
 アイドルグループ・虹のコンキスタドールの清水理子(24)が13日、都内で行われた映画『お終活 熟春!人生、百年時代の過ごし方』の大ヒット御礼舞台あいさつに参加した。

【全身ショット】ホワイトのロングワンピ姿で登場した剛力彩芽

 清水のソロ曲「あなたへ」が本作のエンディングテーマに起用されている。曲へ込めた思いを問われると「実は幼いころにお父さんを亡くしていまして。その時に『もっとこうすればよかったな』という後悔があった。この映画を見て、そのことをすごく思い出した」と振り返る。「このエンディングテーマの『あなたへ』も皆さんが大切な人を、もっと大切にしたいと思うような気持ちになればいいなと思って、いつも思いを込めて歌わせていただいています」と語っていた。

 本作に登場する大原夫婦は、夫の真一(橋爪功)が定年退職してからというもの、妻の千賀子(高畑淳子)が夫の在宅ストレスで熟年離婚寸前。そんな折、娘の亜矢(剛力彩芽)は葬儀社の菅野(水野勝)と出会う。菅野から終活フェアに誘われた亜矢は千賀子にも勧め、千賀子もフェアを機に前向きに。しかしそれを聞いた真一は縁起でもないと嫌がり、新たな危機が生まれる。

 舞台あいさつには、水野勝、剛力彩芽、松下由樹、高畑淳子、香月秀之監督も参加した。
    ニュース設定