木村拓哉、新CMで自身の“七五三写真”披露 撮影スタッフも絶賛「羽織袴姿がかわいい〜」

7

2021年06月14日 04:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真マクドナルド新CMで自身の“七五三写真”披露している木村拓哉
マクドナルド新CMで自身の“七五三写真”披露している木村拓哉
 俳優の木村拓哉が出演する日本マクドナルドの新テレビCM『スマイルのリレー50周年バーガー』篇が、15日より全国で放送スタートする。木村は、同社創業50周年キャンペーンのイメージキャラクターに就任。新CMでは、木村の幼少期の写真も披露している。

【動画】木村拓哉の“七五三写真”も登場しているマクドナルド新CM

 創業50周年キャンペーンの第1弾として、「ジューシーチキン赤とうがらし」など3商品を23日から期間限定で販売する。50年の歴史を振り返りながら、「これからもずっと、BIG SMILEを皆さまと一緒に作り出していきたい」という想いを込めた“スマイルのリレーは続く。”をテーマにテレビCMを展開していく。

 新CM『50周年ブランドストーリー』篇(60秒)では、同社が1971年7月20日に第1号店をオープンした銀座三越が登場。その場所で、木村が空を見上げると、数々の写真が舞い降りてくる。手を伸ばしその1枚を取ると、それはオープン当時の第1号店の写真。続いて、この50年間の各時代をモチーフとした、商品とともに笑顔を見せる客の写真が次々と映し出される。その笑顔につられて木村も「スマイルってまわりの人を楽しい気分にさせたり、優しい気持ちにさせる」とにっこり。「そのスマイルはまた人から人へと伝わる」「スマイルのリレーは続く。未来へ」という言葉とともに、銀座の街に舞い降りた写真は、空に向けて舞い上がる。

 続けて、50周年記念の期間限定商品や商品パッケージに「ビッグスマイル。50周年、思い出のメニューが続々」という木村の声が重なる。舞い降りる写真の中から最後に木村が取った1枚は、自身の子供のころの写真。木村は照れくさそうな表情をして、スーツのポケットにしまうというストーリーだ。

 併せて、『スマイルのリレー50周年バーガー』篇(30秒)も22日より放映される。

 CMの最後のシーンで木村がキャッチするのは、自身が幼い頃に撮影した七五三の思い出の写真。撮影で小道具としてその写真を手渡された木村は、子どもの頃を振り返りながらくすりと笑顔を見せた。スタジオの隅でモニターをチェックしていた周囲のスタッフも、どこか面影の残る幼い木村の姿を見て「羽織袴姿がかわいい〜」と思わずつぶやくほど。また、話題となった“バーガーの片手持ち”を今回の撮影でも披露する場面もあった。

■インタビュー

――マクドナルドのイメージキャラクターを務められて1年と半年ほどですが、振り返ってみていかがですか?

自分が子どもの頃から街の中にあってくれたお店だし、自分が小さい頃から今日に至るまで食してきたものなので、広告に参加できると聞いた時は、やっぱりうれしかったです。単純に広告に参加しているだけではないというモチベーションというか、勝手ながら知り合いになれた感覚になれるんです。

――マクドナルド50周年キャンペーンのCMにご出演した感想をお聞かせください。

(日本のマクドナルドの)1号店の写真をCM撮影でも使わせてもらったんですけど、歳が近いだけあって関係性も深いというか、作ったCMもすごく感慨深いものになってますね。小学生の頃のボクが今の自分を知ったら、相当びっくりすると思います。

――マクドナルド50周年のテーマは「SMILEのリレーは続く」です。CMでは、各世代の写真と共にマクドナルドの歴史を振り返っていますが、木村さんとマクドナルドの思い出を教えてください。

学生時代はやっぱり欲していたし、すっげ〜食べたのを覚えてますね。15、16、17歳あたりはもう、かなりお世話になってます! 今はちょっと…店舗にお邪魔した時の微妙な空気感が…。「あ、自分で来るんだ?」みたいな(笑)。クルーの皆さんと目が合った瞬間の「何になさいますか?」という直前の、「本当に来るんだ?」っていう感じはありますね(笑)。


動画を別画面で再生する



このニュースに関するつぶやき

  • キムタクのJRAのCMがアホ路線のはしりでけっこう好きだった(・∀・)
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定