武田梨奈、バースデーサプライズに喜び 30歳の目標語る「アクション映画で代表作を」

0

2021年06月14日 19:56  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真映画『ナポレオンと私』完成記念トークイベントに登壇した(左から)武田梨奈、濱正悟 (C)ORICON NewS inc.
映画『ナポレオンと私』完成記念トークイベントに登壇した(左から)武田梨奈、濱正悟 (C)ORICON NewS inc.
 女優の武田梨奈(29)が14日、都内で行われた映画『ナポレオンと私』完成記念トークイベントに登壇。あす15日に30歳の誕生日を迎えることから、キャスト・監督からサプライズで祝福を受けると、満面の笑みを見せた。

【集合ショット】キャストと監督で笑顔で撮影に応じた

 30本のバラの花束を受け取った武田は「みなさんにお披露目する側で来ているのに、このようにお祝いしていただいて、ありがとうございます! あした30歳になるんですけど、全然実感がなくて…。映画が公開できるかわからなかったので、このタイミングで公開できたことは、うれしいです」としみじみ。「映画館が一番大好きな場所なので、大好きな仲間たちと、お客様と、20代最後の日を迎えられて、本当に幸せです」とかみしめるように語った。

 30歳の抱負については「30代になって、アクション映画で代表作を作りたい」と意気込み。インタビューなどでは「色気がたりない」と自ら語っている武田だが「年上の先輩方を見ていて、色気を出そうと思わずに、出ちゃっているみたいな女性になりたいです(笑)。きょうもステキな、ツヤのあるお衣装なのですが、汗をいっぱいかいちゃって…」と照れ笑いを浮かべていた。

 同作は、大人気恋愛ゲームアプリ「イケメンシリーズ」のスタッフが贈る、初のオリジナルストーリーによる実写映画。人生迷子の主人公・春子(武田)はある日、恋愛ゲームをインストールしてみると、画面の中からナポレオン(濱正悟)が現れ、奇妙な同居生活が始まる。

 春子の幸せ探しを応援するナポレオン。おとぎ話のような設定は、夢と現実のはざまにある不思議な世界。ナポレオンと過ごす時間は、毎日の生活に疲れ、見えない未来に不安を抱いている春子にとっての安らぎとなっていく。

 トークイベントにはそのほか、濱正悟、綾乃彩、岡林佑香、頃安祐良監督も登壇した。
    ニュース設定