一目惚れする金子大地の“切れ長な瞳、儚げな表情、悲しげな視線”

0

2021年06月14日 20:49  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真侍に扮した凛太郎(金子大地)=映画『サマーフィルムにのって』(8月6日公開) (C)2021「サマーフィルムにのって」製作委員会
侍に扮した凛太郎(金子大地)=映画『サマーフィルムにのって』(8月6日公開) (C)2021「サマーフィルムにのって」製作委員会
 元乃木坂46の伊藤万理華が主演を務める映画『サマーフィルムにのって』(8月6日公開)。青春映画には欠かせない恋と友情に加え、時代劇、SFの要素をシンクロさせた本作で、主人公ハダシ(伊藤)に、時代劇映画の主役に抜てきされる凛太郎役で出演する金子大地の場面写真が新たに解禁された。

【もう1点】凛太郎(金子大地)の場面写真

 仲間たちと映画づくりに励むも、実は未来からやってきたタイムトラベラーという秘密を抱え、少しミステリアスな雰囲気を漂わせる凛太郎。解禁された場面写真は、侍に扮した凛太郎の物憂げな表情や、殺陣シーンのために仲間たちと練習に取り組む彼の強い眼差しが印象的な2点。

 劇中でハダシは凛太郎の切れ長な瞳、儚げな表情、悲しげな視線に“一目惚れ”し、自身の書いた脚本「武士の青春」の主役・猪太郎にぴったりだと猛アプローチをするのだが、本作のメガホンをとった松本壮史監督も金子のキャスティングについて「金子大地さんの目に惚れ込みました。凛とした立ち姿、そしてその視線に“凛太郎だ!”と確信しました」と語っている。

 金子はテレビドラマ『腐女子、うっかりゲイに告る。』(NHK)で主演を務めて注目を集めた。その後、テレビドラマや映画など幅広く活躍し、現在公開中の映画『猿楽町で会いましょう』では石川瑠華とダブル主演。さらに、本作の後には『先生、私の隣に座っていただけませんか?』ほか3本が公開待機中。映画界で引っ張りだこの注目若手俳優だ。そんな金子が未来からやってきた謎の青年・凛太郎をどのように演じているのか。本作の見どころの一つにしてほしい。
    ニュース設定