飯豊まりえ、来年前期朝ドラ『ちむどんどん』出演 宮沢氷魚の恋人で女性新聞記者役

1

2021年06月15日 13:46  ORICON NEWS

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真2022年前期連続テレビ小説『ちむどんどん』に飯豊まりえが出演
2022年前期連続テレビ小説『ちむどんどん』に飯豊まりえが出演
 女優の黒島結菜がヒロインを務める、NHKの2022年前期連続テレビ小説『ちむどんどん』(106作目)に、飯豊まりえが出演することが15日、NHKドラマ公式ツイッターなどで発表された。

【写真】『ちむどんどん』のヒロイン・比嘉暢子を演じる黒島結菜

 本作は来年2022年に本土復帰50年となる沖縄が舞台。黒島は、豊かな自然に恵まれた「やんばる地方」のサトウキビ農家の次女として育つ比嘉暢子(のぶこ)を演じる。物語は、本土復帰前の1960年代からスタート。本土復帰となった1972年に高校を卒業した暢子は、東京へ。レストランで修行に励む中、人生を変える人々との出会い、そして運命の恋。愛する沖縄料理に夢をかけるヒロインと強い絆で結ばれた4兄妹の笑いと涙の「家族」と「ふるさと」の物語が描かれる。

 飯豊が演じるのは、暢子の幼なじみ・青柳和彦(宮沢氷魚)の同僚であり恋人の
大野愛。当時はまだ多くなかった女性の新聞記者で、和彦を通して暢子とも知り合い、大切な友人となっていく。やや控えめな性格ながら、働く女性として社会意識は高い。ファッションについての記事を担当したい、という思いを持っているが、暢子と和彦との仲の良さが徐々に気になっていく…。

 飯豊は「初めて連続テレビ小説に出演させていただいたのは10代のころでした。あのころにしかできなかった経験や、見ることができた景色が今の私につながっています。ご縁に感謝し、真摯(しんし)に大野愛さんと向き合っていきたいと思っております」と朝ドラへの出演を喜ぶ。

 続けて「当時はまだ多くなかった女性の新聞記者ということで、意志を持って仕事をしていくという部分は、自分の気持ちとしても通ずるものがありますし、当時の社会の中でそれを決断していく彼女の心の動きも丁寧に演じられればと思っています。今から出演者の方々とのお芝居がとても楽しみでしかたありません」とコメントを寄せた。

 今月1日には、ヒロインの父、母、4つ上のニーニー(兄)、3つ上のネーネー(姉)、妹の家族のキャストが発表され、父役を大森南朋、母役を仲間由紀恵、兄役を竜星涼、姉役を川口春奈が演じることがわかった。先週8日には、沖縄の人々として宮沢氷魚、戸次重幸、山田裕貴らの出演が発表されている。

 脚本は、連続テレビ小説『マッサン』やドラマ『昭和元禄落語心中』などを手掛けている羽原大介氏。語りはジョン・カビラが担当する。クランクインは今秋予定。
    ニュース設定