井上芳雄、舞台『首切り王子と愚かな女』は「王子役の集大成」 “プリンス”オファー減少明かす

1

2021年06月16日 04:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真“プリンス”オファーの減少を明かした井上芳雄 (C)ORICON NewS inc.
“プリンス”オファーの減少を明かした井上芳雄 (C)ORICON NewS inc.
 俳優の井上芳雄が15日、渋谷・PARCO劇場で舞台『首切り王子と愚かな女』のゲネプロ前に行われた取材会に参加した。

【集合ショット】伊藤沙莉&若村麻由美とともに華やかな衣装姿で登場した井上芳雄

 劇作家・演出家の蓬莱竜太氏と2015年の主演舞台『正しい教室』以来、6年ぶりに再び手を組んで取り組む大人のファンタジー。井上は「初日というのは、いつもドキドキ。こういう中で、とにかく1人も欠けることなく、きょうまでこぎつけた。まずは1番、うれしい」としみじみ。「完全な新作なので…。まだ、想像がつかないんですけど早く見てもらいたい」と幕が開く瞬間を心待ちにした。

 あらすじから悲惨さが伝わってくる内容に井上は「1年前ぐらいに、『来年、どうしようか』と話をした。その時はやれるかもわからなかった。『こういう時だから楽しいものがいいよね』と言っていた。ファンタジーは、ファンタジーなんですけど蓬莱さんらしく、ただ楽しいものにはなってない」と振り返る。「蓬莱さん的には僕のフィールドに寄ってくれたと言ってましたけど、全然、そんな気がしない(笑)。設定が王子ってことぐらいかな。でも、首切り王子だし」と苦笑いしながらも「やっていくうちに、これこそ王子なんじゃないかと思ってやっている。僕の王子役の集大成として…。まぁ、オファーも、そんなに来ないんですけど(笑)」と気合十分だった。

 役に共感できる部分を問われると「首を切るところは、ちょっとあれですけど」としながらも「なぜ、そこにいたったのか背景もある。2人が選ぶ結末は、共感するし、今の自分の年齢だからこそ重ねられると思う」としていた

 また、伊藤沙莉、若村麻由美とは初共演。「沙莉ちゃんも小さい体で、この舞台上を走ってますね。すごく走る姿が印象的な女優さん。なんとも形容しがたい…。『走ってるな!』という。走るのを見るだけでエネルギーを感じる。一緒にお芝居をしていても、たくさんのことをくれる」と印象を明かす。一方、若村について井上は「きのう、ワンシーン、出てこなかったシーンがある。それだけは、お願いしたいぐらい」と暴露したが、若村の視線を感じると「この話は聞かなかったことに…」と大慌てになっていた。

 舞台は7月4日まで、同所で。その後、大阪、広島、福岡でも上演する。
ニュース設定